どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

【東京駅の隣なのにこれ?】なんだかんだの親父リーマンタウン「神田」を歩く(2010年)

久しぶりに神田を訪れた。神田と言えばJR高架下の煉瓦積み、戦後のドサクサで作られた闇市ガード酒場街「今川小路」が物凄い。以前それらを見物するために何度も訪問したが、駅周辺の繁華街に関してはさほど注意を払っていなかった。

56-98.jpg

東京駅の一つ隣がこれかよ?と思ってしまう俗っぽさが際立つ神田駅前の街並み。その姿はサラリーマンだらけのオフィス街で、新橋と並ぶオヤジパラダイス。

56-99.jpg

駅前から風俗店やパチンコ屋、雀荘などが集まる怪しい雑居ビルがギラギラと存在感を放つ。やっぱり相変わらずな場所です。

56-90.jpg

神田は歴史の長い街なので、鍛冶町や司町、淡路町まで行くと戦前の看板建築が残っているなど、東京の古い都市風景が見られる場所だが、その反面、駅周辺は例外なく居酒屋や怪しい雑居ビルが密集している。

56-91.jpg

JR神田駅北口の西側一帯の路地をうろついてみることにする。この界隈も居酒屋だらけである。

56-97.jpg

同じサラリーマンの街である新橋と比べると、神田のオフィス街は丸の内辺りのような巨大なオフィスビルが少なく、その代わり小規模なビルが多い。オフィス街としてはどちらかと言えば二流。で、路地裏に並んでいる居酒屋もどこかしら二流。

56-92.jpg

一見するとどこにでもある繁華街の路地といった所だが、ありきたりな居酒屋に混じって一軒だけ変な店がある。

56-93.jpg

「コスプレ焼肉OK牧場」…看板にはそう書かれている。これは焼肉屋なのかキャバクラなのか。しかも「メッチャ美味いでえ」となぜか関西弁。

56-96.jpg

店の看板をよく見ると「神戸三田牛黒毛和牛使用」と書かれてあるのがわざわざ消されているではないか。実に怪しさ満点。もしかして運営会社は関西にあるのだろうか?

56-95.jpg

しかし笑えるのが、大量の焼肉セットを手にスマイルを見せるバニーガールの姉ちゃんの写真が店の前に飾られている事。なんとも露骨過ぎるシチュエーションである。

56-94.jpg

ちなみにコスプレ焼肉の発祥を調べてみると、やっぱり大阪なんだそうだ。大阪にはコスプレしゃぶしゃぶやコスプレ焼肉店が何軒かあるらしい。そういえばノーパンしゃぶしゃぶも大阪発祥だったな。こういう商売は関西人がいつも一枚上手です。

ウエイトレスの姉ちゃんに焼肉を「アーン」してもらえるサービスもあり。姉ちゃんを含めて美味いかどうかは判断しかねる。

56-89.jpg

駅から少し離れて大通りに出ると、さっきまでの猥雑さは一体何だったのかと思わせるほど整然としたオフィス街の光景に変わる。昼の顔、夜の顔がハッキリと別れている、それがサラリーマンの街・神田らしい。

>2ページ目を読む


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.