どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

【東京駅の隣なのにこれ?】なんだかんだの親父リーマンタウン「神田」を歩く(2010年)

<1ページ目を読む

56-102.jpg

こちらも駅西側と同様に居酒屋だらけで色々と見応えのある街並みが隠れてはいるのだが、JRの高架に目をやると、既存の高架の上にさらにもう一本の高架が建設されている真っ最中だった。現在上野止まりの常磐線を東京駅に延伸する工事だというのだ。

56-100.jpg

しかしこの建設計画に神田駅東側住民が反対運動を起こしていて、延伸予定が先伸ばしになっている。線路を建設する土地が他に無いから上に作るしかないわけだが、地元民からすればビジュアル的に嫌な訳ですね。日照権も侵害されるし。

ちなみにこの高架建設計画で先に紹介した「今川小路」も消滅する運命にあるようだ(既に一部取り壊し済み)開発は容赦なく東京の街の風景を変えて行くのだ。

56-101.jpg

しかし高架の反対側の路地に目をやると、居酒屋や小料理屋に紛れてやはり神田らしく怪しげな店がちらほら隠れているのが見える。

56-110.jpg

怪しい店があるなと思って見ると、案の定ピンサロや雀荘、エステ店などが入居している、ベタな雑居ビルだった。

56-109.jpg

「完全パック制・飲み直し一切禁止」と看板に書かれている。神田東口周辺には何軒かの風俗店が存在している。

56-111.jpg

ピンサロ「ハッピー」のネオン看板は一昔前の懐かしいデザイン。なかなかの老舗であることが窺える。

56-107.jpg

「ハッピー」の手前の路地を入るとすぐ左手には「セクシーキャット」。神田の路地裏に生息しているのは野良猫ではなくファッションヘルスだった。

56-103.jpg

さらに裏手の路地に目をやると、そこにも容赦なく居酒屋が密集している。居酒屋だけではなくラーメン屋も多い。完全にオッサン仕様。

56-104.jpg

ラーメン屋は昼間から営業しているので、店の前に椅子が並べてあったりして狭苦しい印象がある。路地の隅にはケータイ片手に電話の向こうの人間にしゃべくる謎の中国人。こういう場所には必ず中国人の姿がある。珍しくとも何ともなくなってきた。

56-106.jpg

路地を抜けると、結局「セクシーキャット」の前を通る路地に合流することになる。都心の一等地にしては、ビルの谷間の路地裏には古くてボロい低層木造家屋がまだまだ多い。

56-105.jpg

空き地に隣接する店舗の外壁には立小便を咎める鳥居の絵と注意書き。どこか場末感が拭えない神田の繁華街の光景。


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.