どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

市川・本八幡にある謎の手作り風ビルディングは千葉の生ける伝説・ジャガーさんの「洋服直し店村上」でした

JR本八幡駅周辺の繁華街を歩いていると色々変な物件が目に飛び込んでくる。それがパチンコ屋だったり風俗街だったり戦後の闇市風情が残る路地裏だったりと総じて怪しいのが特徴だが、とりわけこの建物は特に気になった。

駅の西側を南北に通る県道沿いに歩くと見えてくる一軒のビル。建物全体が緑に覆われてそれだけでも目を引くのだが、どう見ても手作りで建てたとしか思えない変な建物なのだ。

正面から見ると、1階部分は洋服直し屋が入っている他、2階から上は建物所有者の作業所か何かになっているようである。全部で4階建てとなっているが、傍目には通常のプロセスで建設された建物には見えない。

幸い、この建物の隣は2階建ての立体駐車場で、2階から上の部分は横っ面を広々と眺める事ができる。横から見ると建物自体もかなり縦長である事が分かる。

びっしり蔦が生える建物横面。まるで自然と一体になっているかのようなフリーダムな佇まいを駅前一等地で実現出来ているとはある意味羨ましくもある。さしずめ、本八幡のプチ軍艦ビルというべき建物だ。

建物の外面には建設機械らしきものや足場が組まれているのが見える。気まぐれに建物の主がいつでも増築出来るようにしてあるのだろうか。本場高知の沢田マンションみたく年々成長したりして。

しかし見ている限りは増築工事をしている雰囲気にも見えない。

35-360.jpg

建物に近づくと、さらにダンス教室までやっている事が分かった。まるで風俗店のそれと見紛うような怪しげな看板が特徴的。

35-361.jpg

ここでは30分1500円で初心者レッスンを承っているらしい。ダンスの種目一覧を見るが聞いた事もないようなジャンルのものが混ざっている。

35-362.jpg

ダンス教室の入口が建物横手にひっそりと佇む。しかし玄関付近に無駄に照明が多いのだが、明らかにダンス教室ではなく風俗店の店構えにしか見えない。

35-363.jpg

建物自体の怪しさも相まって、独特の雰囲気を醸し出している。

建物の奥に入るとゴミ溜めが積まれていたりしてなかなかカオスである。建築資材の余り物なのかただのガラクタなのかは不明。

35-364.jpg

春先に再度訪問したら建物の横っ面にびっしり覆っていた蔦の葉が無くなっていた。やはり住居として使っている様子は無さそうである。

ジャガーさんの自宅兼洋服直し店でした

ファイト!ファイト!ちば!

「本八幡の謎の手造り風ビル」についてタレコミを頂きました。ロック歌手ジャガーさんのオフィス兼「洋服直しの村上」本店ビルという事でした。1980~90年代のサブカル界で人気を博していた人物で、下積み時代のX JAPANやGLAYの世話もしていたという大物だとか。千葉テレビの深夜番組枠を買い取ってテレビ放送もやっている。ビル同様只者ではないな(笑)

JAGUAR SECOND

ちなみに昔は隣接するコインパーキングに自前のライブハウスと「洋服直しの村上」本店があったものの取り壊されて今の場所に移ってきたらしい。怪しげなダンススクールは元「ジャガーカフェ」だったという事みたいです。タレコミ有難うございました。

本八幡ではよく知られているジャガーさんの映像






The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.