どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

【小田原市】西湘の城下町・小田原「駅前東通り商店街」を歩く

小田原駅東口を出てすぐ左手に「駅前東通り商店街」というのが北へ向けて伸びている。

94-148.jpg

こちらも駅至近ということもあって箱根帰りの観光客がずらずらと徒党を組んで歩き回っているのが見られる、いかにもな商店街…と思ったが、ドサクサ紛れに結構怪しい店も紛れていてそこそこ楽しめる。

94-150.jpg

居酒屋やカラオケ屋なんぞが立ち並び、ちょっとした歓楽街的な要素もある東通り商店街、箱根帰りに晩飯でも食っていこうか程度の雰囲気しかないと最初は見くびっていたが…

94-149.jpg

商店街入口の雑居ビルにはどう見てもソッチ系な店が紛れ込んでいて何とも笑わせてくれる。

94-152.jpg

竜宮城ではなく竜宮嬢。名古屋城ならぬ名古屋嬢みたいなもんですね。

94-151.jpg

しかし完全な歓楽街的商店街かと言うとそんなわけでもない。

小田原駅前における老舗パン屋「守谷製パン店」の店舗がレトロっぷり全開でピンサロの真隣で営業中。あんぱんが名物らしく、どう見ても箱根帰りな観光客の女子軍団が行列を作っていた。健全なのか不健全なのかさっぱり分からないのが小田原駅前東通り商店街だ。

94-153.jpg

でも基本的にはギラギラしたお店多いアルネ。横浜まで行かなくても本場中国料理食べれるアルネ。小田原も結構都会してるアルヨ。

94-154.jpg

さらにその先にも怪しげな雑居ビルがひかえていて、なかなか趣き深い。

94-166.jpg

見るからに外人パブだらけの雑居ビルの入口は少し昭和テイストな場末の香りが漂う。どうせ小田原だし、無駄に洒落てなくてこのくらいがちょうどいい。

94-156.jpg

94-158.jpg

その雑居ビルから脇道へ足を踏み入れるとこんな感じ。

94-157.jpg

東通り商店街も裏道に入ると一気に場末感が強くなる。「おいしいもの横丁」と暖簾の掛かった路地裏には古めかしい酒場の看板が連なる。

94-159.jpg

そこを突き当たると、先程通った「おしゃれ横丁」の意味不明モニュメント「ドリームタワー」のある通りと合流する。地味に韓国系スナックが一軒。

94-162.jpg

「守谷製パン店」近くの裏道にも入ってみた。少し奥に入っただけで全く人通りもなくなり雰囲気が違う。

94-164.jpg

雑居ビルは地下や二階にもあってそこそこの規模がある。「毎度ご来店ありがとうございます」と書かれた看板の字体にも、昭和のセンスが漂う。


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.