どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

荻窪駅北口に残る闇市発祥バラック密集地帯!「荻窪銀座街」 

<1ページ目を読む

地上駅となっている荻窪駅、中央線の電車が頻繁に目の前を行き来する場所に、商店街に隠れてバラック家屋がギッシリと立ち並ぶ怪しい一画が残っている。

まずは古ぼけたアーケードの残る「荻窪北口駅前通商店会」のすぐ東隣の路地「アサヒ通り」の中に入る。不動産屋と元祖寿司に挟まれて天井からぶら下がる古ぼけた看板が目印。

幅2メートル程の細い路地の両側にバラック家屋がそのまんま使われた立ち飲み居酒屋もしくは個人経営のバーなどが連なっている。昼間でも陰鬱な空気が濃厚に充ち満ちた不気味でゾクゾクしそうな空間。

だがその半分くらいの土地がとある古美術店の名前で「所有地につき立ち入り禁止」の書かれた看板と共にバリケードが築かれていて放置プレイをかましている。その空き地が幸いして隣のブルートタン全開のバラック建築がすっきり眺められる。

この古美術店、アサヒ通りを一体どうしたいつもりか定かではないが至る所がこのような状態になっていて、なんとも香ばしい。確か2008年に訪れた時は再開発組合事務所のプレハブがあったはずだが、いつの間にかそれが取り壊されてこの状態に変わっていた。

そのうちバラック酒場を立ち退かせてオフィスでも建てるつもりだろうか、それにしては無計画過ぎる気がしないでもないが、かなり不自然な土地取得であるとも思える。同名の古美術店が紀尾井町にあるが、同一の店舗かどうかは不明。

こんな感じで3、4ヶ所が虫食い状態のように古美術店の土地として縄張りを主張している。一体何なんだこれは。

そんな糞怪しい路地にはこんな店まで…薄汚れたテント屋根にこの店構え。相当老舗っぽいと見受けたが一歩間違えれば廃墟放置プレイのようにも見えなくもない。

しかし杉並区の高級住宅街と認識されがちな荻窪でこのテの店を探そうという気にはならないよな普通。

すっかり雨風に晒されてボロボロで読めない張り紙。ここ現役なんですかね。結局確認できずじまいだったが…

アサヒ通りに面する居酒屋もおしなべてズタボロ脂ギッシュで汚らしい店構えの物件だらけ。荻窪は中央線文化圏の異端児(つまりノーマルな街)だと思い込んでいたが、これを見て考えを改めざるを得ない。

そんな路地裏には黒レトリーバーの探偵社AGのポスターがよく似合う。ピースボートのポスターはどこかと思ったら物置の横っ面に張り付けていた。この二つはお決まりのセットだよな。

もはや高円寺や西荻の路地裏横丁とどう違うのか区別がつきません。しかし荻窪だからこそ寂れてしまっているのかも知れない。周りの街がアクが強すぎる中で荻窪だけが普通の街になろうとしているようで、今はその過程にあるのだろう。

既にアサヒ通りのすぐ裏手には「普通の」でかいマンションやガラス張りのパチンコビルが聳え立っている。荻窪の闇市バラックゾーンは一体何年先まで残っていられるのだろうか。一抹の不安を覚える。

>3ページ目を読む


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect. Secured By miniOrange