どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

東京最大のスラム・四谷鮫河橋谷町があった街…新宿区「若葉・南元町」

<4ページ目を読む

四谷界隈は戦後になって、かつての寺町や下町の風景が高級マンションに建て替わり、迎賓館や学習院初等科、上智大学といった施設が目立ち表向きには知識層の街に取って代わった訳だが、それだけに現在の若葉二丁目、三丁目に残る「鮫河橋谷町」と呼ばれた街の存在は衝撃的だ。

若葉三丁目一帯で普通に見かけるボロアパートの前にはゴミ出し時間を守らない住民がいることを伺わせる、破れた生ゴミが散乱する光景まで見る事が出来る。いまどき「四谷に住んでいる」だけで一目置かれるような高級住宅街なのに、その片隅では未だにこんな風景がある。そのギャップが面白い。

鮫河橋谷町という名前はスラム街を想起させるとして戦前の昭和18(1943)年に行政によって早々に抹消された訳だが、古い地名の痕跡は電信柱を見ると分かる。大阪じゃ「谷町」は市内屈指のハイソ(相対的な印象。大阪市内は貧民窟だらけ)なエリアだが、東京の四谷で見る「谷町」は東京市中屈指の貧民窟の名残りを留める地名だ。

若葉三丁目辺りはボロアパートばかりですげえと思った訳だが、そんな場所にいきなり不釣合いな程立派な黒塀と蔵造りの一軒家が残っている。地元の有力者の家だろうか。

その黒塀民家を筆頭に、奥に伸びる路地は他のせせこましいボロアパートの路地裏とは一線を画し、幅広の路地と、同じく黒塀の民家ばかりが立ち並んでいる。とりわけこの一画だけは何かの意味を持った集合住宅のように見えるが、詳細はよく分からない。

まだ背後には崖の上から鮫河橋谷町を見下ろす高級マンション「パークハウス四谷」の姿がある。

黒塀の路地を挟んで、再び別の路地を見ると相変わらずのボロアパートと、舗装されていない石畳が見られる。

次は谷筋沿いのメインストリートを挟んで西側から入り組んだ路地に入り込む。多少谷戸地が開けた西側一帯には小さな一軒家が密集しており、見るからに圧迫感を感じる。かつての鮫河橋谷町らしさが最も今に残っている場所がこの路地の存在である。

路地は車も入れないのを良い事に猫の楽園のようになっていた。ただでさえ狭い路地の敷地には物干し台がコンクリートごと地面に固定されている。よほど土地に余裕がないのであろう。

崖下の限られた土地に住宅がひしめき合っている場所柄、路地が途中で極端に狭まっている箇所もある。これは車どころかバイクが通り抜けるのも危うい。火事の時は本当にどうするのだろうか。

民家の軒先が目と鼻の先に迫る路地を通り抜けると、どこの家からだろうか、消毒液と糞便の臭いが混じったような得も言えぬ香りが漂ってきた。家で老人介護をしているのかも知れない。高齢化社会が始まった今の日本では鼻腔に馴染み深い、独特の臭いである。

この窮屈な路地を縫って進むと、信濃町方面に近い谷筋の道に抜けられる。

若葉二丁目商店会から信濃町方面に抜ける谷筋はさらに2つに分かれている。北側の谷筋に入るとその先には児童公園があり、正面には聖教新聞社ビルが迫っている。

この裏手にもなかなか強烈なボロアパート街が隠れているのだ。背後には四谷寺町、そこへ至る坂の名前は「闇坂(くらやみざか)」。

さらに崖下からも見えるように永心寺と西應寺の墓地が迫っている。墓場と三色旗村に囲まれた谷底の住宅地。ロケーション的にはたまらなくアンダーグラウンドである。

信濃町方面に谷筋の道を上がっていくと、この場所が若葉三丁目…つまり鮫河橋谷町と三色旗村の境界点。その向こうはカメラを持ってふらつくだけで警察でもない人に尾行されたり職務質問されたりと色々面倒臭いエリアだ。引き返す事にしよう。

>6ページ目を読む


東京最大のスラム・四谷鮫河橋谷町があった街…新宿区「若葉・南元町」

The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.