どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

成田エクスプレスに飛び込む前に見て欲しいパチンコの街「新小岩」のダラシナイ街並み

<1ページ目を読む

駅前はネットカフェだらけ?!東京東部のネカフェ難民ゾーン新小岩

葛飾区 新小岩

新小岩駅南口を降りて駅前の繁華街をふらつくと至る所にパチンコ屋や漫画喫茶が目に付く。総武線沿線指折りのオヤジタウンの実力をまざまざと見せつけられる思いだ。

葛飾区 新小岩

駅前ロータリーから見える場所にもマンボーをはじめ数店舗の漫画喫茶のド派手な看板が見える。かなり漫喫の出店攻勢が激しい事が窺えるが、こうした特徴は東京南部のネカフェ難民タウン「蒲田」とどうしてもオーバーラップする。新小岩もまたネカフェ難民タウンですか?

葛飾区 新小岩

ざっと見た限りでは、新小岩駅周辺には漫画喫茶が10店舗近くある。一つの駅前では不自然なくらいに過剰気味だ。一体どんな客層が来ているのだろうか、想像も付きやすいですが、逆にこういう所に入り浸るダウナーな人種はおいそれと電車に飛び込んで死んだりしないものである。

葛飾区 新小岩

激安カレーで客引き合戦する新小岩のネカフェ

新小岩界隈の漫画喫茶は客の奪い合いが熾烈化しておりどの店も「激安カレー」で客引き合戦を行っている模様。たったの200円台でカレーが食えるなんて貧民大歓喜ですね。外食業界では松屋のカレーで300円程度が底値なので、この値段はかなり思い切った設定だ。

葛飾区 新小岩

ちなみに新小岩の街から時給千円いくらポッキリで糊口を凌ぎ底辺を生きる派遣工員が数多く勤める京葉工業地帯は近い。西船橋あたりに朝の通勤時間帯に行くと労働者がマイクロバスに乗り合わせて通勤する姿を沢山見かける。京葉工業地帯への通勤にも便利な新小岩あたりにネカフェ村があっても別におかしな話ではないのだ。

葛飾区 新小岩

一番通りを外れた路地にもまだまだ漫画喫茶の店舗がある。ここは特に料金設定が安く、オールタイム8時間1000円というサービス価格でネットカフェ難民を受け入れ中。ちゃんと「食べ物持ち込みOK」の表示もあって、難民のサバイバルライフにも対応している。近所の惣菜屋も馬鹿みたいに安いし心強いぞ。

パチンコ屋が10軒もあるギャンブルタウン新小岩!「パチンコ岩」の異名も

葛飾区 新小岩

新小岩駅南口から西に伸びる「一番通り」がとりわけオヤジ臭漂う歓楽街としての性格を帯びている。この商店街に足を踏み入れると、オヤジタウンらしく立ち飲み居酒屋やパチンコ屋ばかりが目立つ街並みにやはり漫画喫茶の看板も紛れている。

葛飾区 新小岩

特に一番通りでは豪華でクラシックなネオンサインの「パチンコジャンボ」が存在感を示している。もっとも、朝はひっそりしているが…

葛飾区 新小岩

夜になるとラスベガスばりのネオンが煌々と輝くギャンブルタウンに大変身。東京の外れだと思っていたけど新小岩もなかなか凄い。宿泊施設付きのサウナも傍らで営業していて、ちょっとした男のレジャーランド状態だ。

葛飾区 新小岩

ルミエール商店街の中にあるパチンコサンパレスも、カプセルホテルとサウナを併設していてかなり大規模な店だ。

葛飾区 新小岩

それから駅前の西友に隣接してパチンコ最大手のマルハンもある。ざっと数えてみても新小岩駅周辺にあるパチンコ屋もやはり10店舗近い。新小岩はパチンコ屋ばかりの「パチンコ岩」と呼ばれているそうです。

葛飾区 新小岩

周辺には激安立ち飲み居酒屋が充実しており金のないサラリーマンのオヤジの溜まり場になっている。「でかんしょ」は特に客の入りが激しい立ち飲みチェーン店。中に入ると店員の姉ちゃんは全員東南アジア系。500円で550円分食べられるチケットを先払いで購入する独特のシステムで支払いにも無駄がなく、貧乏オヤジの支持を得ている。

そう言えば北口をまだ見てなかったけどどうせパチンコ屋だらけだろ

葛飾区 新小岩

新小岩と言えばルミエール商店街のある南口ばかり見ていた訳だが、そう言えば北口もあるのだった。南口よりさらに輪を掛けて場末感溢れる北口広場。快速停車駅でもあるので交通至便で通勤客の姿は非常に多い。だが駅前がこれだけDQN仕様なのでベッドタウンとしてはあまり人気がなく、むしろ千葉県側の市川から津田沼までの間が都会的に発展している。

葛飾区 新小岩

そしてやはり北口も駅前一等地をパチンコ屋が占拠している安定の光景が。午前10時前という時間帯もあって、パチンコ屋の玄関前には暇そうに突っ立っている男達がいる。彼らも開店待ちの客だろうか。駅へと向かう通勤客の足並みを尻目に、さぞかしお気楽なご身分である。

葛飾区 新小岩

朝っぱらから何をやっているのかも分からないパチンカス軍団の行列の脇を颯爽と抜ける。バスターミナルもある南口と比べると車が入るスペースもなく、かなりこじんまりとした場所だ。自殺志願者に人気の高い快速ホームをそのままにして新小岩に快速電車を止める意味あるのか?と思ってしまうのだが…

葛飾区 新小岩

新小岩駅北口にはアラジン、マリオン、エスパスの3つのパチンコホールがひしめき合っている。駅前のこの狭い一帯にである。どれだけパチンコ好きやねん新小岩民は…

葛飾区 新小岩

パチンコ屋がこれだけ多ければ、貸し玉も4円、2円、1円、0.5円と予算に応じてフレキシブルだったりするわけだ。成金DQNから生活保護受給者までジャンジャンバリバリ打ちたい放題。葛飾区と江戸川区の生活保護受給率のアップに貢献している街のパチンコ屋さんです。

葛飾区 新小岩

さらにパチンコ屋の隣には個室ビデオ店。言わずもがなオヤジのあっち方面の捌け口として大活躍である。下町の狭い我が家じゃ一人っきりでこっそり出来る空間もありませんし需要大ありです。

葛飾区 新小岩

新小岩駅前を南北に貫く平和橋通り沿いのバス停留所から見えるパチンコ屋の数々。最近「エスパス」「マリオン」が新築リニューアルして増床し平和橋通り側にまで店の敷地が膨らんでおり、ご覧の通りの巨大なパチンコビルにパワーアップしている。新小岩すげぇな…



The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.