どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

中央線最強の飲む打つ買うタウン!「立川駅南口」のDQNな街並みを見物する

<1ページ目を読む

立川駅南口には場外馬券売り場「ウインズ立川」がある。その周辺は錦糸町顔負けのギャンブル天国で、パチンコ屋や風俗店が乱立する激ヤバDQNゾーンであると聞いて、この周辺をうろうろすることにした。

日曜日の朝、立川駅からウインズに向かう人の波はまるで新宿に通うサラリーマンの群れに負けない程の勢いを見せる。それがスーツ姿ではなくヨレヨレの半袖Tシャツか作業服というのが場所柄の違いだろうか。

道すがら見かけるのは「競馬中継しています」と明示された数々の飲食店の存在。さすがギャンブルタウン、競馬中継をしていない店は生き残る事も出来ないということだろうか。

浅草や錦糸町のウインズ周辺にもこうした店を多く見かけるが、電車賃が惜しい貧民には立川から都心はおいそれと気軽に行ける場所ではない。

その代わり立川からなら府中の東京競馬場には近い。川崎競馬場と府中・立川を結び多摩川リバーサイド貧民街を縦断する南武線に乗れば、競馬新聞片手のオッサンの姿が大勢見られるはずだ。

朝っぱらからオッサン率が半端ないギャンブル天国と化す立川駅南口。ウインズの前のすずらん通り商店街は早くも異様な雰囲気に包まれる。

この周辺は完全にウインズを中心として経済が回っているようで、そのへんの雑居ビルに入居している飲食店もラーメン屋か焼肉屋ばかり、オッサンの胃袋に照準を合わせた店しかない。それ以外では辛うじてマクドナルドくらいか。

ウインズ立川の東側を南北に走る商店街の名前も「錦ウインズ通り」だし…

やたら立派な作りのウインズ立川はA館・B館の2本仕立てで迫り来る競馬ジャンキーを懐深く収容している。

府中の東京競馬場の豪勢さを見てしまうとJRAの資金力の凄さを実感せずには居られない訳であるが、いくらビルを綺麗にしてもそこは場外馬券売り場。地べたに座り込むオッサン集団と濃密なタバコの煙は、やはりギャンブル場らしい。

ウインズ立川のA館とB館の間を通る道。正面に立川駅ビル「グランデュオ」が見える通り、ここは立川駅の真ん前である。

ウインズに入居するラーメン屋など飲食店の名前も「必勝ラーメン」などと験担ぎなネーミングになっていて笑える。馬勝った!ラーメンも旨かった!というオヤジギャグなのだろう。ラーメン屋の他にはカツカレーやカツ丼なども験担ぎになる。

もちろんギャンブル天国と言うからには「遊び」の手段は何も競馬ばかりではない。場外馬券売り場に便乗するかのように店の名前まで「WINS」だったりするパチンコ屋の外観は大阪新世界の観光串カツ屋に勝るとも劣らないお下品さで笑える。

ギャンブルに勝ったら勝ったで焼肉を食ったり風俗店に押しかけたり酒池肉林状態でオッサンパラダイスを満喫出来るのが立川クオリティなのだが、負けたら負けたで、敗者にふさわしき裏通りもひっそりと佇んでいる。

ギャンブルに負けて有り金をはたいてしまったら、そんな人の為にちゃんと質屋や金プラ買取店もございます。質草を預けてもらった金で独り呑みの侘しい居酒屋で一杯やるのが敗者コース。勝つも負けるも男の人生。それで所帯持ちなら穀潰しだが。

>3ページ目を読む


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.