外国人に属する記事の一覧

【多国籍国家サイタマ】足立区のすぐ隣!埼玉県八潮市のパキスタン人集住地区「ヤシオスタン」に行こう!

止まらない東京一極集中。地方は過疎化が止まらず、東京とその周辺地域でのみ人口が増加している昨今、その内訳は別に元来の日本人だけとは限らな...

記事を読む

【外国人に住み良い埼玉県】本庄市・上里町のブラジル人集住ベルト地帯を見物に行った

東京のすぐ隣にありながら、家賃相場もお安くチープでコスパに優れたお店が充実している街が豊富にある事で、微妙なお給料しか貰えないサラリーマ...

記事を読む

【ワラビスタン】埼玉のクルド人居住地域「蕨」で現地人に囲まれて喰らうトルコ料理店が本格的過ぎた

埼玉県蕨市・川口市を中心にトルコから日本に亡命してきたクルド人(クルド系トルコ人)が数多く居住し、この一帯が「ワラビスタン」と呼ばれてい...

記事を読む

【NK流から華流へ】埼玉の無法地帯タウン「西川口」がいつの間にか新中華街と化していた!

埼玉県川口市の「西川口」という街は、一昔前までは東日本を代表する裏名所として世の男性諸君にその名を轟かせていた街だった。しかし2005年...

記事を読む

【ワラビスタン】2015年、蕨の亡命クルド人新年祭「ネウロズ」(Newroz)は熱かった!

クルド人とは国家を持たない世界最大の民族であり、その最大の人口を持つトルコ南東部から政治的な迫害を理由に日本に亡命してきた人々が...

記事を読む

新大久保は“韓流の街”だけではない。「イスラム横丁」と呼ばれる超絶多国籍ゾーンが存在する件

新大久保という地名を聞いて「コリアタウン」「韓流の街」だとか言うのは既に一般的にも認知されるようになり、もはや何の意外性も無くなった感が...

記事を読む

驚異の多国籍団地フェスティバル!「いちょう団地祭り」に行って国際化社会の波に乗ってきた 

横浜市の西の外れ、泉区上飯田町と大和市下和田に跨る「いちょう団地」と呼ばれる大型団地があり、ベトナム戦争時のインドシナ難民を多数受け入れ...

記事を読む

埼玉の「霞ヶ関」は官庁街じゃないけど川越のリトルネパールだった件

「霞ケ関」と聞くと、東京都千代田区にある、日本の中枢機能を果たしている巨大官庁街…そのように答える方が殆どであろう。しかし埼玉県の一部地...

記事を読む

ワラビスタンと呼ばれる亡命クルド人第二の故郷「蕨」で行われる新年祭・ネウロズに行ってきた(2014年)

埼玉県蕨市が亡命クルド人集住地になっていて「ワラビスタン」と呼ばれている事を以前お伝えした。クルド人と言えばトルコやイランなどの...

記事を読む

【川崎市】年々参加者の混雑とモラルが悪化する、川崎大師・金山神社「かなまら祭り」(2014年)

2014年4月6日、毎年恒例の「かなまら祭」が神奈川県川崎市の金山神社で執り行われた。日本国内屈指の知名度を誇る、アレの形をした神輿が街...

記事を読む

千葉のムスリム街は既に東西線行徳駅前にありますから。マジで国際化が激しい件

先日こんな報道があったんですが... 「千葉にムスリム街を」市長提言 海外からの集客狙う 千葉市の市長がムスリムタウンを作る...

記事を読む

実録・ワラビスタン!外国人だらけの町「蕨」に亡命クルド人が住んでいる件

赤羽から京浜東北線で3駅隣。埼玉県の小さな貧民都市「蕨市」を幾度と無く訪れている我々取材班。共産党市政だったりネカフェに住民票が置けたり...

記事を読む

NO IMAGE

祝・東京五輪開催決定!東京DEEP案内厳選国際的スポット!

どうせマドリードでしょ?くらいにしか思っていなかったのに、まさか我々取材班も想像だにしていなかった「2020年東京五輪開催決定」...

記事を読む

韓流の原宿と化す「新大久保」コリアタウン見物・2012年度版 

テレビや雑誌で連日ステマの韓流熱風が吹き荒れているらしい昨今いかがお過ごしでしょうか。新宿のお隣、日本最大級のコリアタウン「新大久保」に...

記事を読む

【大和市】朝鮮人労働者が暮らした大丸飯場があった街…米軍厚木基地のお膝元「相模大塚」を歩く

今回やってきたのは相鉄線の相模大塚駅。米軍厚木飛行場の最寄り駅の一つである。これが厚木と名前がついているのに厚木市ではないという変な矛盾...

記事を読む

トップへ戻る