ベトナム

越谷市

【多国籍社会の現場】ベトナムの新年祭“テト”が開催される越谷市のベトナム寺院「南和寺」を見に行った

ますます加速の一途をきわめる多国籍社会の到来…近年は中国・韓国以上に急激な人口増加を見せているのがネパールとベトナムの二カ国の人々である。特に最近はコンビニやチェーン系飲食店に用事があって足を向ければ、応対する店員がみんなベトナム人だった...
横浜市泉区

驚異の多国籍団地フェスティバル!「いちょう団地祭り」に行って国際化社会の波に乗ってきた 

横浜市の西の外れ、泉区上飯田町と大和市下和田に跨る「いちょう団地」と呼ばれる大型団地があり、ベトナム戦争時のインドシナ難民を多数受け入れた結果、首都圏でもずば抜けた多国籍団地になっているという話は、かなり昔に当サイトでレポートにしている。
越谷市

まさかの越谷でベトナム!しらこばと水上公園向かいにある関東屈指のベトナム寺院「南和寺」

首都圏の外国人タウン化の凄まじさは目を見張るものがあるが、東武伊勢崎線沿線もまんべんなくアジア系や南米系を初めとした外国人が沢山移り住んでいる。そんな中、どうやら越谷市の外れに日本国内でも珍しい「ベトナム仏教寺院」があるという話を聞いて一度...
横浜市泉区

【ニッポン大移民時代】首都圏屈指の超多国籍団地!横浜市泉区「神奈川県営いちょう団地」訪問 (2010年)

少子高齢化社会が本格化する日本において、その傍らでは将来の労働力不足を補うかのように外国人移民の流入が加速度的に高まっている。そして既に住民が外国人だらけになった団地が日本各地で次々生まれている。当取材班では、これまでもブラジル人だらけの愛...
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました