どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

横浜駅のすぐ隣、ソリマチじゃねえよタンマチだよ!東急東横線「反町」を歩く 

<1ページ目を読む

反町駅前はまるで昭和の時代で開発が止まったかのようだ。タワーマンションだらけのみなとみらい、高級住宅だらけの台町・高島台と浮かれた街並みに隠れてこんな所に下町風景がガラパゴスのように残っている。

商店街らしきものは国道を外れた松本町の中にもだらだら続いているが、やはり大して見るものもない。テンションが続かないので、一旦戻る事にした。

むしろ反町駅前で気になるものと言えば、地下化されてかなり日にちが過ぎたはずなのに撤去されずにいつまでも残っている東横線の高架だ。桁下4.2メートルの高架鉄橋は形もそのまま遊歩道として整備されているのだ。

その東横線が地上を走っていた頃の廃線跡は、隣の東白楽駅の手前までがまるごと遊歩道に生まれ変わり小奇麗になっているのだが、反町あたりはどこぞの自由が丘みたくおのぼりスイーツさんが闊歩するような柄ではなさそうだ。

むしろ小奇麗な遊歩道に隠れて後ろを振り返ると、何やら胡散臭げな居酒屋密集地帯が残っているのが見えた。これが反町クオリティなのだろうか。反町駅のマイナーな存在とキャラクターがそのまま被る、ただならぬ場末感。

何やら名前だけでも韓国系?と思うような「サラン」というベタなカラオケスナックから順に小料理屋、次いで和風スナックと並んでいる。

和風スナックだけは2階に店があるらしく、薄暗い開口部から階段が見えていた。この看板のレトロっぷりたるや異常。まるで赤線地帯だ。

それはともかく、この一画をさらに怪しく彩る存在が手前の建物に一軒だけぽつんと入居しているこの店舗だ。隣は極普通の健全なマンションなんですが、急にここに来て不健全さを露にするこの外観の胡散臭さも「人魚」という店の名前もそそられる。「魚」の字の下の点々が「大」の字になっているあたりも、そそられる。

で、案の定場末感丸出しの店構えに相応しい料金設定で、この反町の地で孤軍奮闘逞しく営業なされているみたいです。地元の中年おじさん達がピンポイントでお世話になっているようで、結構な老舗なんだとか。

隣のマンションとの境目ギリギリに迫るピンクの大看板もまたウケる。まああんまりはしゃぎ回るのもアレなんでこんなもんにしときます…

他にも怪しい店はないものかと脇の路地に入ったが、どうしようもなく土着的な個人経営の貧乏臭い中華料理屋やら潰れたスナックが潜んでいる程度でそれ以上のものはなかった。しかし地味ながら確実にネタのツボだけは押さえている感じだな、反町という所は。

>3ページ目を読む


トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.