どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

横浜駅のすぐ隣、ソリマチじゃねえよタンマチだよ!東急東横線「反町」を歩く 

<2ページ目を読む

東横線反町駅は2004年にみなとみらい線開通に伴って地下化されたのだが、残った地上の線路が撤去された後は「東横フラワー緑道」なんて名前がついた遊歩道に生まれ変わり、なんとも小奇麗な空間となっていた。

今度は反町駅前からこの遊歩道に沿って廃線跡を歩いてみる事にする。さすが東急クオリティ、廃線跡までオシャレになってしまいましたよ。やっぱり中央の2本のラインは、線路をイメージしてるんでしょうな。

東横フラワー緑道の案内図を見てみると、地下化された大部分が遊歩道として整備された事が分かるだろう。東白楽駅の手前から横浜駅の手前まで、結構な距離になる。

駅前の煤けた商店街や怪しい店を見ていると反町のイメージがそっち方面に偏ってしまいそうになるが、オシャレな遊歩道には子供連れの奥様が昼下がりを楽しんでおられます。腐っても東横線沿線。

しかし傍らを見るとベタな銭湯の建物があったりなんかして、やっぱり反町は下町なんだなあと実感する訳である。リニューアルしてビルタイプの立派な建物になっているのは「反町浴場」。

もちろん東横線の廃線跡なので、このまま辿っていけば横浜駅まで行けてしまう。反町駅と横浜駅までの距離はほぼ1キロ。正直徒歩でも行ける距離だ。地下化してホームの位置が深くなった反町駅、しかも各停しか止まらないので、反町住民が横浜駅方面に用事のある場合、わざわざ東横線に乗らずに歩いて行く事も珍しくないようだ。

遊歩道は双方の駅との中間くらいでトンネルを潜る事になる。廃線跡のトンネルなんて聞くだけでたまんない訳だが、これも徒歩で通行出来てしまう。遊歩道とともに整備された高島山トンネルだ。

高島山トンネルが徒歩通行可能になった事で反町住民が徒歩で横浜駅に行きやすくなったのだ。それまでは高台の山を越えるか迂回するかしないと行けなかった。でも通れる時間帯は限られている訳で、深夜の通行は無理。

そんな訳で東横線を使わずに横浜駅と反町の間を行き来する住民の姿が結構見られる。駅が地下化して便利になったのか不便になったのか、よく分かりません。横浜~桜木町間を廃止してみなとみらい線に繋いじゃったのも、横浜駅も同様に地下化したのも、賛否が分かれているのだが。

高島山トンネル入口にある、トンネル補強工事の概要が書かれたプレート。これを見て分かったがトンネルが徒歩通行可能になったのはつい最近で2011年4月になってかららしい。

高台の住宅街の真下を潜るトンネルを歩く。昼間はそうでもないけど、夜はあんまり通りたくないかもな。トンネルは100メートルちょいの距離がある。

高島山トンネルを通過。青木橋交差点のそばがトンネルの出口。

横浜駅側のトンネルの出口は京急神奈川駅のすぐそばで、その気になれば京急線も利用可能。京急神奈川駅も県名を冠している割には反町駅以上に存在感のない微妙な駅だ。こちらも各停しか止まらず不便。

そこから見上げると高台の崖に大きくせり出した三寶寺の建物がある。下から見るとなんだか凄い事になっている。横浜名物崖っぷち建築。付近は先日うろついた神奈川宿で、横浜開港に関わる史跡があれこれと残っている。


トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.