どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

【所沢市】西武線に乗るしかない街「所沢」駅周辺の胡散臭い街並み(2010年)

西武王国・所沢は埼玉西部における中心的都市である。当然それなりに駅前は発展しているのかなと思いきや、プロペ通りを外れると途端に寂れた風景を見せる。

84-07.jpg

所沢駅前にある撤退した丸井の跡地は「リ・クリエ所沢」という新名称の複合ビルとして再出発しているようだが、様子を見ると1階はパチンコ屋だし、その上はガラ空きになっていたりとろくな事がないようだ。

84-06.jpg

リ・クリエ所沢B館の入居テナント群を見ると、ここが元百貨店だったとはにわかに信じられない雑居ビル同然の店舗構成に泣ける。1階がパチンコ屋、2階はエステ、不動産屋、かつら屋、3階が死んでて、4階から6階まではコールセンター…

ちなみにA館も殆ど入居テナントがない。こりゃ酷いな。

84-08.jpg

一見、近代的な郊外都市の様相を見せる所沢駅前の商業ビル群、しかしよく見ると空きテナントも多いし、撤退した丸井の存在も相まって空洞化の激しさが窺えるが、異様なのは空きテナントの多さだけでなかった。

84-09.jpg

パッと見、オフィスビルかと思った建物に風俗店や雀荘、テレクラなどが一斉に入居しているのだ。

84-12.jpg

オフィスビルに紛れて唐突に現れる禍々しい黄色と赤の「テレクラリンリンハウス」の看板。所沢の一等地に今何が起きているのだろうか。東京で言えば丸の内のオフィス街にテレクラがあるようなもんだろ。

84-10.jpg

場所柄に似つかわしくなさげな女の子達が微笑むキャバクラの看板。このビルにはキャバクラもあればフィリピンパブもあるのだ。街の規模に対して風俗街が存在しない所沢で唯一それらしい店構えを持っている。

84-11.jpg

ペロックス所沢。この店名といい看板の絵柄といい料金設定といいどう見てもピンサロです本当にありがとうございました。

84-13.jpg

駅前のハコの大きさに反比例するかのごとく人通りも少なくゴーストタウン同然になっている所沢駅前の現状。プロペ通りだけが最後の生命線といった所だろうか。

84-14.jpg

駅前を外れて西側の住宅地に入ると、古い佇まいの八百屋が店を構えていて昔ながらの風情を出している。

84-17.jpg

しかし再び所沢駅方向へ向かう路地を進むとそこには一軒のラブホテルがある。

84-15.jpg

ラブホテルの周りの電柱はことごとくデリヘルビラに占領されていてとても恥ずかしい姿を晒してしまっている。

84-18.jpg

ラブホテルの前の目に付きやすい場所は何度も張り紙が貼られたり破られたりを繰り返していて電柱に跡まで残っている。

その下の「みんな見てるぞ!!」の看板が、あまりに淋しげである。

84-16.jpg

中心市街地の空洞化と並行して街がDQNタウン化する現象は北関東の都市によく見られるパターンだが、所沢駅前でもじわじわ進行しているようだ。西川口あたりの見るからに怪しい街並みではなく、見た目にはさっぱり何もなさそうで小奇麗な街ではあるが、よくよく見れば裏がありそうだ。


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る