どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

江東区東陽町に吉原に次ぐ東京第二の遊郭があった…赤線地帯・洲崎パラダイスの街「深川洲崎弁天町」を歩く 

<5ページ目を読む

三方を運河、一方を海で隔てられた洲崎遊郭、出入口は大門通りの洲崎橋にしかないものと勝手に思っていたが、実は洲崎遊郭跡の西側にも西洲崎橋という橋が架かっている。

ところが昭和22年の地図を見るとこの橋が無かった。戦後になって建造された橋だろう。西洲崎橋を渡った先は木場六丁目となり厳密には洲崎遊郭からは外れるのだが、洲崎神社があるので、ついでに見に行く事にする。

西洲崎橋のたもとには「戦災殉難者供養塔」と小さなお地蔵様が置かれている。深川・本所地域は木造住宅が密集し、焼夷弾による空襲の標的となった事はよく知られるが、洲崎遊郭も激しい空襲で壊滅した。

西洲崎橋を渡った先には江東韓国会館(韓国民団江東支部)があり、そこを右に入ると洲崎神社がある。

相変わらず低層木造家屋が密集する街並みだが、その向こうは場違いに立派な複合施設「深川ギャザリア」のオフィス棟が見える。木場や東陽町辺りもかなりオフィス街化が進んでいて街の変化が激しい。

車道が左に曲がる突き当たった先が洲崎神社。

神社自体はどこにでもあるような普通の街の神社といった佇まいだが、元禄時代に徳川綱吉の生母桂昌院の守り本尊である弁財天を江戸城から移して祀ったのが始まりという、由緒のある神社でもある。

明治時代に神仏分離により洲崎神社と言うようになったが江戸時代までは洲崎弁天神社と言われ、これが洲崎弁天町の地名の由来となっている。

創建以来ずっと弁天様を祀っている神社なので、当然のごとく境内奥に弁天池がある。しかし鉄柵で囲まれているのを見ると、池というよりは動物園のワニの水槽のような状態になっていて泣ける。

これでも江戸時代には目の前が海岸で、洲崎弁天神社も海中の島に祀られていたというのだ。今では到底想像もつかない風景である。昔は景勝地で舟遊びや潮干狩りに訪れる人々の姿があったとか。

しかし平成の世の洲崎神社弁天池では亀が日向ぼっこをしている風景が見られるだけである。それにしても亀がデカ過ぎてヤバイ。何を餌にしてるんだ。

神社入口には「波除碑」がある。寛政3(1791)年の大雨で高潮が襲い住民が多数死んだ時に建てられた古い石碑。

さすがに江戸時代のものとあって石碑は今にも倒れそうな姿を見せている。震災や戦災で一部崩落し、鉄骨で辛うじて支えられているのみ。他にも神社境内や表の玉垣などを見てきたが、洲崎遊郭の痕跡を残すものは何一つ無かった。ちなみに洲崎遊郭の遊女の投げ込み寺は、少し離れた江東区平野二丁目にある浄心寺で、境内に洲崎遊女合葬墓がある。


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.