どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

【大和市】米軍基地と工場労働者の街「大和」駅周辺の商店街を歩く(2010年)

<2ページ目を読む

次は大和駅の西側を見てみる事にしよう。スーパーマルエツの前には大和警察署の他、税務署や農協支店といった街の中心らしい物件が集まっている。雑然とした繁華街といった印象の街並みが目立つが駅西口の方は比較的すっきりしている。

だが、マルエツの真向かいにある建物だけがやたらすっきりとしてない風貌で笑ってしまった。バラック建ての店舗にびっしり貼られたポスターの数々。半分以上が日本共産党、それに探偵事務所と幸福実現党のポスターがちょろっと。

庇を貸して母屋を取られるではないが、ポスター張りを一枚でもホイホイと許してしまうとたちまち壁一面がポスターだらけになってしまう典型例だ。

家の横っ面がポスターだらけにされたバラック建ての家屋は古い街の小さな米屋の建物だった。隣に2軒棟続きに同じ店が並んでいるが、右端の建物しか使っていないようだ。きっと老夫婦が細々とやっているような感じの店なのだろう。

スーパーマルエツがある場所から離れて再び駅方面に行く。こちら側もやはりスナックの店舗が目立つ。緑色多用系の3階建てには「重ちゃん」と「やまちゃん」が仲良く商売している。

スナックも多いけど、中国系やタイ系のマッサージ屋もやたら多い。先にも述べたように大和市は神奈川県でも最も外国人の人口比率が高い街なのである。それにしても目立つのが中国と韓国ばかりなのだが。

続いて我々の前に現れたのは何でも屋と思われるカオスなバラック店舗。居酒屋にリサイクルショップ、洋裁店も兼業。見た目にもかなりフリーダムだ。これが大和クオリティなのか。

隣接地が駐車場になっているリサイクルショップの敷地の壁にはやはりさっきと同様に日本共産党のポスターがベタベタと貼られまくっている。共産党が強い土地柄なのだろうか。

店の建物も全部自分で作ったのだろうか、とにかく個性的なリサイクルショップ兼居酒屋の「もなみ」。居酒屋の部は昼間から食堂として開いているようだが、お客が入っている雰囲気もない。

居酒屋の隣にはリサイクルショップの陳列用ショーケースが続き、建物の横側を見ると蔦が伸び放題になっていてさらにカオスっぷりに磨きが掛かっている。ひたすら我が道を行く街の何でも屋さんだ。

何でも屋を過ぎた所で、突然「モテル三和」などと書かれている怪しい古びたビルを発見。何がモテるのだろうか、と思ったらどうやら「モーテル」と言いたいだけのようだ。

怪しい看板につられて行くと、そこはかなり年季の入ったホテルだった。しかしもっともそんな外観にはとても見えない、地味な雑居ビルのような趣き。これでも大和駅に近く利用者がいるから現役で続いているのだろう。

まあ、玄関口だけを見れば完全にラブのついたホテルそのまんまなんですが…

三和ホテルがある正面の道は、相鉄線大和駅付近の地下化によって公園となった歩道沿いに建物が並ぶ。よく見ると蕎麦屋の上に韓国系キリスト教会もある。本当に大和市には在日コリアンが多い。

向かいには生長の家の立派な支部まであるし、ここは大和の街の宗教銀座か。

その隣にもやけに場違いなホワイトハウス風豪邸が並んでいるが、個人宅なのでさりげなくスルーした。一見綺麗に見える駅前遊歩道だが、案外ツッコミどころが多い。

というわけでかなりパンチ力のある街並みが見られるのが大和駅周辺なのだが、大和駅周辺のコリアタウンぶりについてはこちらのレポにまとめているので、併せて読んで頂きたい。


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.