どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

【大人の文京区】これでも文京区か!ホテルだらけの怪しい街「湯島」を歩く

東京に住む人間からすれば「湯島と言えばラブホ街」と言うほど強い固定観念を抱く、その実態はどんなものかしらと我々取材班も湯島界隈の街をずんずん歩いてみる事にした次第。

今までは上野ばかり注目していたが、本郷が近いだけに「東大」下暗し、いや灯台下暗しとはこの事を言うのだ。湯島は文京区のくせをしてなかなか凄いアダルトタウンなのである。地下鉄千代田線の駅を上がった所から結構アレな感じが漂っている。

特にホテルが密集しまくっているのが天神下交差点を中心とした春日通りの北側。ここは住所上では文京区湯島にあたるが上野不忍池のすぐ南側にあたり春日通りの一本北側の路地を境目に台東区池之端に跨る。

それ程ド派手で豪華なホテルもないが、小規模ながら10軒程度の店舗が天神下一帯に集まっている。上野駅からも近いので利用客もかなり多いようだ。

不忍池周辺は江戸時代から「出合茶屋」と呼ばれるラブホの原型があった性文化の旺盛な土地。年がら年中ホームレスさんの日向ぼっこスペースになっているが夜になるとオークラ劇場があるせいかゲイのハッテン場になったり色々と不穏な土地だ。

湯島のラブホ街は不忍池における性文化の流れを確実に踏んでいる。文京区側の土地にはプリンセス1世とホテル伊豆美。

路地からホテル伊豆美の看板越しに建設中の東京スカイツリーが頭半分顔を出していた。

対する台東区側の土地にはユナイテッド、ダイヤモンド、エレガンスの三軒が固まる。

全然エレガンスな感じがしないホテルエレガンス。2階建ての簡素な作り。ちょっと小奇麗になった連れ込み旅館的な風貌だが、裏に隣接する福成寺の敷地にへばりつくような形でかなり三角形な極小建築だ。

やっぱり全然エレガンスじゃないけどオーソドックスな玄関口。休憩が3000円、泊まりが8000円。

どう見てもエレガンスには見えないホテルの看板にはどこかで見たトリコロールカラーのラインが。そうかそうか。この業種で見かけるのは珍しい。

この辺のホテルはなぜか休憩料金しか明記していない店舗が目立つ。それでも大衆価格な感じなのは貧民の副都心・上野に隣接しているという下町人情だからだろうか。全然華やかさのないダイヤモンドだね。

そんなこんなで休前日の夕時、湯島のホテル街をイチャイチャしながら徘徊するカップルの姿もあちこちに現れる。欲望の夜はまだまだ宵の口。

…全然関係ないけど中華料理屋までチンマンでした。

>2ページ目を読む


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る