穴守稲荷

大田区

迫力の千本鳥居、夥しい数のミニ鳥居が奉納されててヤバイ「穴守稲荷神社」参拝記

戦後、飛行場拡張のためGHQにより接収されて消えた羽田鈴木町、江戸見町、穴守町。その土地の総鎮守であった穴守稲荷神社の社殿は現在内陸部に再建されて現存している。
大田区

東京の空の玄関口、羽田空港の足元は都内とは思えぬ鄙びた漁村だった!「羽田」界隈を歩く 

羽田空港は東京への空の玄関口として沢山の利用者がいる一方で、空港がある羽田そのものがどんな街なのかという事はあまり知られていない。空港が出来る前は東京髄一の漁場で、遠浅の干拓地が広がり、昔から漁業が盛んだったという場所だ。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました