団地に属する記事の一覧

【陸の孤島】団地だらけタウン八千代市の町外れにポツンと存在する「米本団地」を見に行った【家賃爆安】

先日公開した記事で、「千葉県八千代市」は昭和の高度経済成長期に市内各地に団地を造成して人口が急増したことに触れてきた。八千代台団地、高...

記事を読む

【千葉のブラジル?】八千代市の南米系移民集住地域「村上団地」を見物する

周囲を海に囲まれた島国・日本でも着々と進む社会の多国籍化を淡々と観察し続けている我々取材班。芝園団地やワラビスタンしかり、首都圏におい...

記事を読む

【横浜市】八景島の手前、団地だらけの陸の孤島「金沢シーサイドタウン」を歩く

当方からすれば未だに訪問した事のない謎の住宅地や団地が広がっている横浜市南部エリア、そんな中で今回は金沢区にある“やたらとドデカい”と...

記事を読む

【川崎市多摩区】南武線中野島駅最寄りのリバーサイド大型団地「市営中野島多摩川住宅」とカリタス学園

主に多摩区や麻生区といった川崎市北部は、川崎区や幸区などの南部と比べて治安は良い方だという論調がまかり通っている。同じ川崎でも北部と南...

記事を読む

【川越市】宮崎勤“第三の事件”の舞台となった陸の孤島団地「川越グリーンパーク」を訪れた

30年少し続いた「平成」の時代がいよいよ来月末で終わろうとしている中、なにかと「平成最後」が話題となっている昨今ですが、ここで「昭和の...

記事を読む

【港区】おセレブ様の街・表参道らしからぬ昭和空間「都営青山北町アパート」を見る

一流ブランドの専門店やオシャレでセレブなカフェだの何だのが寄り集まる表参道駅からも近い青山通りから少し脇道に入った一帯に「青山北町アパ...

記事を読む

【都会の限界集落】所得マップも真っ青な新宿区最強のマンモス貧困老朽化団地「都営戸山ハイツアパート」

2020年開催の東京五輪に向けてますます変貌を遂げつつある、東京の顔でもある山の手の副都心「新宿」、そこからさほど離れてもいない場所に、...

記事を読む

【北総線】隣の船橋市民も知らない千葉ニュータウンのマイナー都市「白井」には何があるのか

半島国家千葉県には様々な街があるが概ね総武線と常磐線という二大JR路線にそのイメージが集約されがちで、その間に走るマイナー私鉄沿線に目が...

記事を読む

【千葉市】千葉県屈指のチャイナ団地タウンと化す「稲毛海岸」は今どうなっているのか

首都圏一極集中とは言うものの、特に都内は地価の高さから低所得者層が住める街が非常に限られていて、そうした人々が住む場所に選ぶのが東京に近...

記事を読む

【八王子市】東京最西端のマンモス都営団地に寄り添う激寂れマーケット「長房新栄商店街」

東京都心からも遠く離れた八王子市長房町に総勢3,000世帯を越えるマンモス都営団地「長房団地」があるという事でやってきた訳だが、東西一キ...

記事を読む

【八王子市】1964年東京五輪で都心の貧困層を隔離したマンモス都営住宅群「長房団地」の現在

しぶとい五輪誘致活動の末に決まった2020年開催予定の東京五輪。よくよく考えたらあと2年しかない訳だが、五輪のメインスタジアムとなる新宿...

記事を読む

【隔絶された島】埼玉ではない、品川区の「八潮団地」には一体何があるんですか

去年、当方が刊行した単行本「東京DEEP案内が選ぶ 首都圏住みたくない街」において、住みたくない街ランキング堂々の一位として槍玉に挙げた...

記事を読む

【さいたま市】第二の芝園団地か?!見沼区のチャイナ団地「東宮下団地」がさらにパワーアップしている件

人口減少社会を迎える日本がいずれ移民大国になる近未来の姿は既に一部の地域では現実と化している。特にお家賃相場が安いのに東京に近いというだ...

記事を読む

【江東区】豊洲の隣、幻の1940年東京五輪で生まれたガチ過ぎるコリアタウン「枝川一丁目」の現在

東京ベイエリアのタワマン乱立地帯として名を馳せる江東区「豊洲」から運河一本隔てたお隣の街「枝川一丁目」…ここは昭和15(1940)年、日...

記事を読む

【熊谷市】連続放火!中国人が不法耕作!埼玉一激ヤバな団地「県営熊谷玉井団地」がひどすぎる

東京から高崎線直通湘南新宿ラインで片道1時間以上も掛かる、埼玉県熊谷市に属する「籠原」という街にやってきた。同じ電車が走る東京都内や神奈...

記事を読む

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.