工場地帯

江東区

【東京駅から4分の衝撃】東京海洋大学以外に何もない街、JR都区内で最も乗降客数が少ない「越中島」にも迫るマンション開発の波

2020年開催予定の東京五輪を前にボコボコと開発が進む湾岸地域。とりわけ豊洲や勝どき、佃島あたりはタワマンだらけになってしまっていてどうにも派手派手しいのだが、そうした地域に囲まれていて、なおかつ鉄道駅も通っているにも関わらず、これまでちっ...
八潮市

【首都圏最後のフロンティア】「八潮市」がNIMBYでヤクザな街からニュータウンへ脱皮する時

東京都心からたったの15キロ、足立区に隣接し、2005年に開通したつくばエクスプレス線で秋葉原から最短17分で来ることができる「埼玉県八潮市」…21世紀に入り初めて鉄道が開通したこの街は、これまで工場や産業廃棄物処理業者が乱立する工業地帯と...
八潮市

【ヤシオスタン】工場産廃地帯が乱立するNIMBYな街「八潮」にあるイスラムのモスク

東京都足立区の外縁部に位置する埼玉県八潮市、ここは都内からはみ出た町工場や産廃処理場、解体業者、ヤクザからオウム真理教までその他諸々のアウトローが押し寄せる「NIMBYな街」として当方が常々熱視線を送っている街であるが、この八潮には中古車販...
足立区

【産廃工場】誰も知らない日暮里舎人ライナー沿線の足立区「扇大橋・高野」の街並み【焼肉平壌苑】

東京23区でぶっちぎりの低所得者層密集地域で犯罪多発地帯だとすっかりレッテル貼りされて久しい「足立区」も十把一絡げに荒っぽくまとめて語りきれない程に広大な面積を誇っている。53.25キロ平方メートル、東西11.1キロ、南北8.79キロメート...
羽村市

【まるでグンマー】東京最西端の下品すぎる歓楽街!羽村市「小作」駅前の町並みがとても東京とは思えない

新宿からJR中央線に乗り、さらに立川から分岐している「青梅線」に入ると、そこは東京の奥地、青梅や奥多摩へと連なる、23区内の住民からすれば未知の領域とも言える街が続いている。毎週のように湯河原に公用車で別荘通いを続けていた舛添都知事が非難さ...
川崎市川崎区

【川崎国に新駅爆誕】川崎市臨海部に開業した南武線「小田栄駅」周辺には何があるのか

2016年3月26日、華々しく開業したはずの北海道新幹線は俄に注目を集めてはいるが、運賃の高さと東京からの所要時間の問題、新駅と函館市街地との接続の悪さといった諸々の問題アリで出だしは微妙だったとか何とか聞きますが、とうとう北海道から南九州...
八潮市

全国唯一の漢字が使われる地名・埼玉県八潮市「垳」(がけ)が気になって行ってみた

日本地図を眺めていると時折素で読めない地名や、あまり常用しそうにない漢字が使われている地名があって「なんだこれは?」と思う事がよくあるのだが、そんな地名が東京の近くにもありました。 
川口市

まだキューポラのある街「川口」 

川口市と言えば我々取材班的にはもっぱら西川口ばかりが思い浮かぶが、それでは埼玉有数の工業都市として栄えてきた川口に対して失礼過ぎる訳で、そういえば今まで赤羽や西川口、蕨といった京浜東北線DEEPゾーンに囲まれ見向きもしなかった川口駅を降りる...
横浜市磯子区

横浜根岸界隈を行く (1) 巨大製油所のある街

東京DEEP案内取材班、かなり久しぶりの横浜街歩きである。思い返すと中途半端に行ってなかったり発掘しきれない場所が殊の外多い事に気づいた。横浜市ってだだっ広い上に私鉄やJRの交通網が入り組んでいて市内の移動も非効率的。まだまだ行きそびれて知...
荒川区

【荒川区】全国的にも珍しい「胞衣工場」がある荒川八丁目の街並みを見る

町屋駅周辺の住所は都電荒川線が町屋駅で京成本線と交わる北側一帯が「荒川区町屋」、そこから南側の常磐線の線路あたりまでの一帯が「荒川区荒川」となっている。どちらも一丁目から八丁目まであって広大な区画だが、町屋駅からは三河島水再生センターの敷地...
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました