浜川崎

川崎市川崎区

【川崎市】川崎コリアタウンおおひん地区「川崎朝鮮初級学校」の大交流祭を訪ねる(2009年)

川崎DEEPコリアタウン「おおひん地区」を度々訪れてはタウンレポートをお送りしていたわけだが、先日訪問したときに桜本商店街の一角にこんなポスターが掛かっていた事がずっと気がかりになっていた。
川崎市川崎区

【川崎市】川崎臨海部の乾いた街並み…浜川崎駅前「鋼管通」の街並みを見る(2009年)

川崎コリアタウン「おおひん地区」を抜けて辿り着いたのは産業道路「鋼管通り交差点」。京浜工業地帯の中核を成す川崎において街の名前が鋼管だったりセメントだったりゴムだったりするのはそのまま街の歴史を物語っているようでもある。
川崎市川崎区

【川崎市】日本一空気が汚い場所と言われる川崎区「産業道路」を歩く(2009年)

川崎市臨海部のガチなコリアタウン「おおひん地区」とその周辺。今度はセメント通り西側の浜町商店街界隈から産業道路沿いの道を再度散歩してみることにする。この界隈は地元出身HIPHOPグループ「BAD HOP」のメンバー達も「日本一空気が汚い場所...
川崎市川崎区

【川崎市】川崎臨海部のガチなコリアタウン「おおひん地区」を歩く(2009年)

再び川崎コリアタウン「おおひん地区」を訪ね歩いた。川崎区大島、桜本、浜町、池上町の一帯をまとめて「おおひん地区」と名づけたのは地元の在日コリアン系NPO法人「青丘社」の理事長を勤めていた李仁夏氏(故人)である。しかしあまり一般的にこの呼び名...
川崎市川崎区

【川崎市】川崎臨海部・池上町に残る不法占拠地帯コリアタウン「群電前」探訪 

工業都市・川崎の裏の歴史を物語る、数少ないバラック集落「池上町・群電前」にやってきました。ここまで来るのに京急川崎大師駅より徒歩30分か、殆ど電車が来ない南武支線の浜川崎駅より徒歩15分、もしくは川崎駅から市バスに乗って桜本停留所で降りて徒...
川崎市川崎区

【川崎市】川崎の不法占拠バラック村「池上町」にある電波すぎるゴミ置き場(2009年)

東西に長い、川崎市の最も東の端、そこは東京湾に面した「京浜工業地帯」の只中にあり、川崎区で最も海側にある「池上町」は戦後、不法占拠の形で当地に住み着いた、主に在日コリアン住民が肩を寄せ合い暮らしている街である。そんな場所を見に来た途中に奇妙...
川崎市川崎区

【川崎市】川崎のガチなコリアタウン・おおひん地区「池上新町」界隈を歩く(2009年)

川崎市川崎区池上町。京浜工業地帯におけるコリアタウン「おおひん地区」の最奥部に位置し、唯一産業道路と貨物線の東側にある2万3千㎡にも及ぶ敷地にまるで陸の孤島のように存在する住宅地だ。かつて戦前の川崎において重工業都市化を迎えた時代に軍需工場...
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました