「 下町 」一覧

全118件中 91〜105件目を表示

新ドヤ街と呼ばれる「蒲田」のホームレスだらけの風景をご覧下さい

新ドヤ街と呼ばれる「蒲田」のホームレスだらけの風景をご覧下さい

最近では生活弱者に対する政策であーだこーだ論争が巻き起こっておるわけですが、子ども手当にしても官製派遣村にしてもひたすら単純なバラマキ政策ばかりで何一つ根本的治療にはなっていません。もはや政治とも呼べるレベルではないです。そんな愚痴はどうで...

>記事全文を読む

NO IMAGE

東京DEEP案内的・銀座の裏側 (4) 銀座に残る下町

東京一のブランドタウンだと思いきや、三原小路や三原橋センターのような戦後の残滓のような物件が残っている多面性が銀座の特徴であるが、同じ銀座エリアでも東銀座駅方面にやってくると雰囲気は若干大人しくなってくる。 特に歌舞伎座がある周辺は急激に...

>記事全文を読む

NO IMAGE

勝どきドキドキ探検隊 (2) 木造長屋とタワーマンション

地下鉄大江戸線が開通してからというものの、駅周辺には続々タワーマンションが建設されまくっている「勝どき」エリア。 表面的には完全に勘違い成金スイーツに占領されたかのような街だが、そう見えても元々はただの倉庫街であり、地味なベイエリアの下町...

>記事全文を読む

東京屈指の下町仕様アーケード商店街がある板橋区「大山」を歩く (全2ページ)

東京屈指の下町仕様アーケード商店街がある板橋区「大山」を歩く (全2ページ)

23区西部でもとりわけマイナーさが際立つ「板橋区」。古くは中山道板橋宿、現在は池袋至近の住宅街として広がる地域、その中でも繁華街らしい街となっているのが東武東上線の成増と、ここ大山である。

>記事全文を読む

東武東上線で東京の最果てにある板橋のベッドタウン「成増」を歩く (2010年・全6ページ)

東武東上線で東京の最果てにある板橋のベッドタウン「成増」を歩く (2010年・全6ページ)

池袋から地下鉄有楽町線に乗っておよそ15分、東京23区の北西端の街、成増までやってきた。

>記事全文を読む

NO IMAGE

超下町!港区白金 (2) 町工場発祥の地

シロガネーゼという浮ついた言葉に代表されるように成り上がりセレブタウンの一角として存在感を増してきた「白金」の町が実はその半分が町工場と低層バラックのド下町だという衝撃を受けて、下町大好きな東京DEEP案内取材班がやってまいりました。 と...

>記事全文を読む

NO IMAGE

ヒルズのお隣「麻布十番」 (1) セレブタウンか下町か

東京DEEP案内で扱っている街ネタについて知人とディスカッションしていた中で指摘された事がある。 「逢阪さん、六本木とか麻布十番とかあのへんも結構ヤバイけど、全然やってないですよね。もしかしてセレブタウンはお嫌いですか?」 ...いや、そう...

>記事全文を読む

江戸川区松江・中核派活動拠点「前進社」を見てきたよ

江戸川区松江・中核派活動拠点「前進社」を見てきたよ

先日たまたま外出先のテレビで凄い映像を見てしまった。テレビ朝日のドキュメンタリ宣言という番組の一節だったが、あの過激左翼政治団体「中核派」に密着取材していた内容だった。法政大学で活動を行う学生運動家にターゲットを絞り、しまいには江戸川区にあ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

鶴見線 (5) 鶴見区の沖縄南米タウン<後編>

関東有数の沖縄タウンである鶴見区「仲通商店街」訪問レポートはまだまだ続く。せっかくだし腹も減ったので、沖鶴会館1階にある「おきなわ亭」に入った。見た感じ比較的入りやすい店構えだが、実は横浜駅西口にも店がある。 明るく清潔な店内は決して玄人...

>記事全文を読む

NO IMAGE

鶴見線 (4) 鶴見区の沖縄南米タウン<中編>

横浜市鶴見区仲通、神奈川県で最も沖縄系住民が多く暮らしていると言われるエリアだ。 京浜工業地帯とともに発展した下町の姿は、この国の産業構造の変化とともに色褪せて寂れている。 午後7時を過ぎると商店街は見事にシャッター通りと化していた。そこ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

鶴見線 (3) 鶴見区の沖縄南米タウン<前編>

鶴見線の醍醐味である京浜工業地帯沿いにあるオンボロ木造駅舎を巡る小さな旅をほどほどに満喫した後、我々はもう一つの目的である鶴見区の「沖縄タウン」訪問のために最寄り駅である弁天橋駅を降りた。 日本は大正時代の工業化によりそこで働く労働力を確...

>記事全文を読む

NO IMAGE

渋谷区幡ヶ谷・本町 (2) 忘れられた渋谷の最果て

引き続き渋谷区の北の果て「幡ヶ谷」周辺を散歩しよう。 幡ヶ谷駅からさらに北の路地に入っていくと、渋谷区本町。もとは幡ヶ谷本町といったそうだが「幡ヶ谷」が取れてどこの本町なのか分からない間抜けな事情がある。ちなみに東日本独特の「ほんちょう」読...

>記事全文を読む

下町体感ゾーン「谷根千」の変なお店探し (全5ページ)

下町体感ゾーン「谷根千」の変なお店探し (全5ページ)

日暮里駅を降りた西側一帯、荒川区西日暮里、台東区谷中、文京区根津・千駄木に跨り、戦災や大規模開発を免れた古い街並みが広がる貴重な下町エリア、谷中、根津、千駄木それぞれの地名の頭文字を取り通称「谷根千」と呼ばれる場所を訪れる。 日暮里駅...

>記事全文を読む

NO IMAGE

墨田区DEEP探検 (3) 京島三丁目住宅街

東武・京成の曳舟駅を降りると京島という地区がある。 とりわけ目ぼしい観光施設もない、古い下町でしかないという印象でこのエリアを素通りしているだけではもったいない。 ほぼ半世紀ほったらかされた化石のような住宅地が普通に広がっているのだ。この貴...

>記事全文を読む

NO IMAGE

墨田区DEEP探検 (2) キラキラ橘商店街

墨田区のDEEPゾーン、それは東武・京成曳舟駅を中心とする向島エリアである。 この界隈は都心からもさほど遠くない位置にあるにも関わらず長年開発の手が届かず昔ながらの下町の風景が残っている。昭和30年代から時間が止まっているような下町「京島」...

>記事全文を読む

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.