「 レトロ 」一覧

全132件中 121〜132件目を表示

代田橋駅至近、忘れ去られた下町商店街が沖縄タウンに?杉並区「和泉明店街」界隈を歩く (全4ページ)

代田橋駅至近、忘れ去られた下町商店街が沖縄タウンに?杉並区「和泉明店街」界隈を歩く (全4ページ)

人口密集を続ける東京、様々な人が住んでいてたいそう面白いのだが、在日コリアンや同和、ウチナーンチュ(沖縄人)などといった日本で長くに渡って暮らし続けているマイノリティの存在に我がDEEP案内はとりわけ敏感にスポットを当て続けてきた。 ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

鶴見線 (7) 最強ガード下「国道駅」<後編>

昭和5年開業、京浜工業地帯への通勤の足として作られた鶴見線の一つ目の駅「国道駅」に来ている。そこは70年前の駅構内がそのまま残された貴重な空間である。 鶴見線の駅は鶴見駅を除けば全て無人駅となっており、この国道駅も例外ではない。しかし時折...

>記事全文を読む

NO IMAGE

鶴見線 (6) 最強ガード下「国道駅」<前編>

京浜工業地帯のDEEPゾーン「鶴見線」界隈を巡る旅、沖縄南米タウンを堪能した後は「国道駅」を訪れた。完成した当時「国道1号」だった京浜国道、現在の国道15号がそばを走っているから国道駅という、なんとも安直なネーミングの駅は戦前の昭和5年に完...

>記事全文を読む

昭和の団地遺産「都営鷺の宮アパート」(2009年)

昭和の団地遺産「都営鷺の宮アパート」(2009年)

東京の地価について調べてみると、どうしても人気の高い西側に地価の高騰が見られる傾向にあるが、同じ西側でも東急線や小田急線、中央線といった路線とは一線を画するのが西武線沿線の街だ。 特に地下鉄線との乗り入れもない西武新宿線の存在はすこぶ...

>記事全文を読む

東京都区内最大級の巨大団地群「桐ヶ丘団地」 (全4ページ)

東京都区内最大級の巨大団地群「桐ヶ丘団地」 (全4ページ)

赤羽駅西口から赤羽台団地を経て、そのまま住宅地を進むと、駅から徒歩15分くらいの場所から現れる大型団地群、それが「桐ヶ丘団地」だ。 隣接する赤羽台団地同様、戦後の住宅難と東京への人口集中を踏まえて、旧軍用地だった敷地を大規模に開発して...

>記事全文を読む

NO IMAGE

墨田区DEEP探検 (3) 京島三丁目住宅街

東武・京成の曳舟駅を降りると京島という地区がある。 とりわけ目ぼしい観光施設もない、古い下町でしかないという印象でこのエリアを素通りしているだけではもったいない。 ほぼ半世紀ほったらかされた化石のような住宅地が普通に広がっているのだ。この貴...

>記事全文を読む

NO IMAGE

墨田区DEEP探検 (2) キラキラ橘商店街

墨田区のDEEPゾーン、それは東武・京成曳舟駅を中心とする向島エリアである。 この界隈は都心からもさほど遠くない位置にあるにも関わらず長年開発の手が届かず昔ながらの下町の風景が残っている。昭和30年代から時間が止まっているような下町「京島」...

>記事全文を読む

NO IMAGE

九段下駅前・雑居ビルの中のコリアタウン

再び九段下の駅前から。 地下鉄東西線、半蔵門線、都営新宿線と3つの路線が交差している駅であり利用者は多いのだが、地上に上がるとさほど通行人で溢れかえっている訳でもない。 ただし、日本武道館で大きなライブがあったり、北の丸公園の桜が満開になっ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

神田神保町に建つ生ける廃墟「九段下ビル」

次は、古書店街・神保町を通り過ぎ、隣の九段下駅までやってきた。 九段下駅周辺は、北の丸公園と日本武道館、それだけではなく年がら年中右翼が嫌がらせに参拝しに来る風景が日常化している靖国神社といった名所もある賑やかな場所だが、実は九段下駅から神...

>記事全文を読む

NO IMAGE

大井町「八幡屋」 東京ラーメン遺産

品川区はDEEPエリアが多いぜ!と噂には聞いていたが、何気に素通りばかりしていたせいで当サイトのエントリーに「品川区」が一つもない事に今更気がついた。実にもったいない。 とある方からのタレコミで、大井町に凄いラーメン屋があると聞いた。 東京...

>記事全文を読む

都営三田線の最果て「高島平団地」周辺を歩く (2009年・全2ページ)

都営三田線の最果て「高島平団地」周辺を歩く (2009年・全2ページ)

東京23区の端の風景が見たい。そう思っていると、今まで都営三田線の終点まで行った事がなかったことに気がついた。そこには高島平団地という自殺の名所として悪い意味で全国的にも知られている団地がある。高島平に行ってみよう。そう思って都営三田線の西...

>記事全文を読む

神田駅近くに存在する戦後の闇市風情漂うガード下横丁「今川小路」

神田駅近くに存在する戦後の闇市風情漂うガード下横丁「今川小路」

やはり神田はサラリーマンの街なので、日曜日の駅前商店街は閑散そのものだ。しかし神田駅前という場所は東京駅や皇居にも程近いにも関わらず随分と俗っぽいのが目に付く。

>記事全文を読む

DEEP案内シリーズ全文検索

DEEP案内シリーズ全サイトから記事の検索ができる便利な機能です。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.