西武百貨店が閉店!「春日部」の中心市街地はどうなるのか金子商店のおでんを食いながら考えた

埼玉県東部を代表する街、春日部市。東武伊勢崎線(意地でも東武スカイツリーラインとは言わない)で北千住から急行電車で片道約30分、大宮から東武野田線(意地でも東武アーバンパークラインとは言わない)で片道20分で来られるが、首都圏のベッドタウン...

記事を読む

【ワラビスタン】埼玉のクルド人居住地域「蕨」で現地人に囲まれて喰らうトルコ料理店が本格的過ぎた

埼玉県蕨市・川口市を中心にトルコから日本に亡命してきたクルド人(クルド系トルコ人)が数多く居住し、この一帯が「ワラビスタン」と呼ばれている事は既に当サイトでも何度も取り上げてきた。毎年3月の春分の日に蕨市民公園で開催されるクルド人の新年祭「...

記事を読む

【NK流から華流へ】埼玉の無法地帯タウン「西川口」がいつの間にか新中華街と化していた!

埼玉県川口市の「西川口」という街は、一昔前までは東日本を代表する裏名所として世の男性諸君にその名を轟かせていた街だった。しかし2005年頃から警察による取り締まりが強化され、違法にソッチ系の商売をしている業者がみるみる撤退した挙句、駅周辺に...

記事を読む

【酒鬼薔薇聖斗×足立区】週刊文春がスッパ抜いた元少年Aが暮らしていたとみられる「花畑団地」とはどのような場所なのか

今日2月18日発売の「週刊文春」(2月25日号)に掲載された衝撃の写真。今から19年前の1997年に起きた「神戸連続児童殺傷事件」の犯人である当時14歳の「少年A」が、関東医療少年院を退院して10年もの沈黙の後に突然手記を出版した事を契機に...

記事を読む

【知られざる戦争遺構】川越市某所に大量に投棄されている「陶製手榴弾」を見に行った

埼玉県川越市の東部、さいたま市との境界付近を流れる荒川に沿う形で伸びる「びん沼川」と呼ばれる川沿いに、第二次大戦中に製造された「陶製手榴弾」が大量に捨てられているのが戦後70年が過ぎた現在も見られるという話を聞き、居ても立っても居られなくな...

記事を読む

旧吉原遊郭「千束四丁目」路地裏にひっそり残る戦後の赤線カフェー建築

日本最大級の遊郭として江戸時代から昭和33(1958)年の売防法施行まで340年間の歴史を歩んできた吉原遊郭だが、吉原大火、関東大震災、東京大空襲と幾度も災難に見舞われてきた故に残念ながらこの土地に伝統的な遊郭建築は一切残っていない。 ...

記事を読む

吉原遊郭の名残りを留める「千束四丁目」仲之町通りと普通公衆浴場

江戸時代に遊郭が開かれおよそ400年、今もなお全国最大級の「お風呂屋さん」街として名を馳せる「吉原」。旧遊郭地が現在もそのまま台東区千束四丁目に属している。

記事を読む

【さいたま】香川に次ぐ第二のうどん県に名乗り出た「埼玉県のうどん屋」って実際どうなの?!

何かと「特徴もない観光地もない見るとこもない、寝に帰るだけ」と当の県民ですら自虐ネタをかます程の不遇の立場にある埼玉県が、今度は「第二のうどん県」を名乗りだし、うどん生産量1位の香川県に挑もうとしているらしい。 生産量2位埼玉県が「うどん...

記事を読む

吉原遊郭の総鎮守「吉原神社」と遊女達の不幸な歴史を留める「吉原弁財天」

旧吉原遊郭では大門以外から遊郭への出入りは、鷲神社の酉の市といった特別な時期以外は認められていなかったが、今となってはどこからでも出入りできる。仲之町通りを突っ切って郭の外との境目に「水道尻(すいどじり・みとじり)」と呼ばれる一角があり、そ...

記事を読む

吉原遊郭と歴史と共にしてきた「吉原土手」の馬肉料理店と天麩羅屋

吉原...そこは江戸時代に始まり売防法施行の昭和33(1958)年まで340年に渡って続いていた日本最大級の遊郭、そして今も現役の色街として全国区でその名を轟かせている、そんな場所である。現在の住所は「台東区千束四丁目」。最寄りは地下鉄日比...

記事を読む

【東京にもある縁切り神社】板橋宿の裏名所!「縁切榎」の絵馬に人の業の深さを見た

板橋本町商店街の一画に「縁切榎」という物騒な名前の樹が立っている。この樹の下を嫁入り行列が通ると必ず縁が切れてしまうという言い伝えが広まり、江戸時代から悪縁切りのまじないが行われてきた「ある筋」の方々には非常に有名な場所。

記事を読む

西の錦糸町と呼ばれた中央線沿線屈指のギャンブルタウン「立川駅北口」の盛り場を歩く

中央線に乗って新宿から約30分。南口にはウインズ、北口には立川競輪場もある多摩地域屈指のギャンブルタウン、「西の錦糸町」の異名もある立川駅周辺だが、戦後の一時期には米軍基地(キャンプフィンカム)があった影響で、軍人を相手にした怪しげな赤線地...

記事を読む

町田の暗黒街は南口にあり!消えた駅裏私娼街「田んぼ」の痕跡を求めて

新宿駅から小田急線の快速急行で片道30分、横浜駅から横浜線で35分、東京と神奈川の都県境に挟まれながら発展してきた衛星都市「町田」の中でも、中心繁華街から線路で分断された町田駅南口は長らく発展から取り残され、いかがわしい歓楽街として街に暗い...

記事を読む

生まれて60年、戦後の佇まいが残る町田の名所「町田仲見世商店街」を訪ねる

新宿、八王子、横浜の3つの拠点都市の中継地点に位置する東京なのか神奈川なのかよくわからない「町田」。駅周辺はかなりの繁華街になっていて人通りも激しく、しかし腐れヤンキーやチンピラが闊歩していて粗暴犯も多い物騒な土地柄でもあり、足立区あたりと...

記事を読む

【川崎国の闇】川崎遊郭から赤線地帯とアウトローの街へ…川崎市川崎区「南町」を歩く 

川崎と言えばガラの悪い街だという印象は相変わらず強い訳だが、駅前の繁華街を見ている限りは綺麗に整備されていて表向きはそれほど酷くもないように見える。しかし、中心繁華街の二ヶ所に堀之内・南町という一大悪所を擁し、東田町は市役所の真ん前にも関わ...

記事を読む

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.