どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

【平塚市】湘南の面汚し?!何故かDQN属性が強い「平塚駅前」の商店街を見る

藤沢と並んで神奈川県湘南エリアで中心的な街の一つである「平塚市」。藤沢と同じく旧東海道の宿場町として成り立った街で、東京からJR東海道線で1時間少々の位置にある。東京や横浜へのベッドタウンというよりは、地元が工業都市として発展している側面もあって、藤沢や鎌倉のような「湘南」をイメージしてやってくると全然雰囲気が違う。

市内に一つしかないという鉄道駅、JR東海道線平塚駅を降りる。駅前ターミナルや駅ビル、それに行き交う人々の多さ。駅前の様子を見るとちょっとした地方の県庁所在地レベルの規模である。以前から「平塚の繁華街がDQN仕様で下品な店だらけ、とにかくヤバイ、あの街は湘南の面汚しである」とかねがね噂は聞いていたので遠路はるばるやってきた訳だが、繁華街は平塚駅北口一帯に広がっているので、今回探索するのは北口がメインとなる。

平塚の繁華街は駅北口から北西方向の紅谷町を中心にかなり広範囲に続いている。駅前から続くアーケード街は紅谷パールロード商店街。平塚の街のいわば目抜き通りというような場所だろうか。

商店街の入口には地元資本の「梅屋百貨店」の建物がそびえている。ここ平塚にしかない実にローカルな百貨店。同じ神奈川県民でも湘南以外の人ではあまり知られていない事だろう。

また平塚駅前には「都まんじゅう」の店舗もあった。八王子にも同じ店があるのだが、地元民の間ではみんな地元名物だと思い込んでいるという代物。店の前がガラス張りで製造工程が丸見えになっている所も八王子のそれと一緒。

この付近は人通りも多く路上駐輪も多い。チェーン店中心であまりじっくり見るような特徴もない普通の商店街だ。街がDQN仕様なのはどうやら駅に近いこの場所ではないらしい。

紅谷パールロード商店街を外れて北側の新光会商店街へ抜ける。こちらは一転して個人経営の店舗が中心となり、雰囲気が急に庶民的になる。

さらに北側に出ると旧東海道沿いの湘南スターモール商店街に至る。紅谷パールロード商店街とここの2ヶ所が平塚駅前の中心商業拠点であるようだ。

立派にアーケードも掛かっている商店街だが並んでいる店は昔ながらの個人商店が多い。もしアーケードが無かったら、地方の鄙びた商店街の雰囲気がそのまま残っていた事だろう。アーケードの有る無しで随分見た目は変わってしまうものだ。

凄まじく年季を感じさせるペットショップ「みみづく園」。聞く所によると戦前から続く老舗だとか。近年の浮ついたDQN御用達の犬猫ショップとは真逆の存在。

ファミコンすら扱ってなさそうな老舗のおもちゃ屋も普通に現役だったりしてどこかしら懐かしい平塚市の中心市街地。

湘南スターモール商店街を中心に7月初旬に行われる「湘南ひらつか七夕まつり」は平塚市を代表する一大イベント。宮城県仙台市、愛知県一宮市、安城市とともに「日本三大七夕」としてしのぎを削り合っている。しかし日本三大なんとかと付くと必ず地元民の誇張やら対抗意識や私情が割り込むのであんまり当てにはならないもの。

平塚の七夕祭りは豪華な七夕飾りとDQNが闊歩し、2009年の祭り開催中に暴力団が拳銃沙汰で人を撃ち殺したりするカオスな行事であると地元では評判だ。あと2008年には平塚駅構内で十徳ナイフを片手に無差別通り魔事件を起こして捕まった女がいるなど色々と騒がしい街だったりする(→詳細

個性的な店の多い湘南スターモール商店街。どさくさ紛れに韓国料理店も何気に多かったりするので見逃せない。

平塚はコリアタウンと呼べる程あからさまではないが、在日コリアンはかなり多く、街のあちこちで韓国料理店や韓国食材の店を目にする事が出来る。

平塚がヤバイと言われる、お下品な店がいっぱいあるエリアは商店街を進んだ西側に固まっている。そこまで歩いてみることにしよう。

>2ページ目を読む


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る