【中央線沿線】タヌキも出る田舎町に場違いな高級タワマンを建てる「武蔵小金井」の歪な街並み

突然降って湧いたかのようなコロナ禍によって一年遅れになりながらも、結局感染収束の目処も立たないままで「2020東京五輪」は開催強行の流れに決まっているようだが、そんな東京では感染力・毒性がさらに凶悪化したインド由来の変異ウイルス“デルタ株”とやらの感染事例が相次いでいる。こんな調子で果たして、何の問題も起きずに終わるんでしょうかねえ。未だに毎日500人くらい新規感染者が出ている中では不安が募る一方ですけれども…

このような社会情勢で、首都圏の住宅事情も以前とはだいぶ様子が異なってきている。ひとまず人口過密地域を避けて23区外に引っ越そうという流れが強まっている訳だが、今回お伝えする東京郊外の街も近年になって急に再開発計画が進められて、駅前が大きく様変わりしている。それが新宿駅から中央線に乗って辿り着く街、東京都小金井市に所在する「武蔵小金井」…

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.