「 日高市 」一覧

東京DEEP案内単行本、全国書店・Amazon等で絶賛発売中。

紀伊國屋書店新宿本店様をはじめ多数書店で目立つ場所に大量平積み陳列、売り切れ続出の事態となっており、遂に緊急増刷掛かりました。東京DEEP案内10年目、本気の書籍化!

全3件中 1〜3件目を表示

NO IMAGE

埼玉県日高市・古代朝鮮渡来人の郷「高麗」 (6)

埼玉県日高市にある日本の朝鮮「高麗郡」の中心的な存在で、高麗神社と同じく高麗王若光を祀る「聖天院」。普通の寺かと思いきや、やはりどこかしら朝鮮テイストが感じられる変わった寺なのである。 丘陵の中腹に置かれた聖天院の本堂。どうやら本堂のある...

>記事全文を読む

NO IMAGE

埼玉県日高市・古代朝鮮渡来人の郷「高麗」 (5)

埼玉県日高市に滅亡した古代朝鮮の国・高句麗から来た渡来人の生き残りが開いたとされる「高麗郷」という街がある事は以前お伝えしたのだが、再度訪問するきっかけがあったので新たなレポートを加えたい。 西武池袋線で終点の飯能まで向かい、さらに秩父行...

>記事全文を読む

【ウリナラ起源】埼玉県日高市に古代朝鮮渡来人の街「高麗郷」があった! (全2ページ)

【ウリナラ起源】埼玉県日高市に古代朝鮮渡来人の街「高麗郷」があった! (全2ページ)

古代高句麗の民が開拓して生まれた高麗郡をはじめとする埼玉県西部を中心に、朝鮮由来の地名がいくつも存在するという主張もある。例えば「飯能」は韓国語で「韓の国」「偉大なる土地」などと意味する「ハンナラ」が訛ったものだという説だ。ホンマかいなと思...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

東京DEEP案内へようこそ

2008年2月からサイトを運営しております。首都圏一都三県の街ネタ情報、裏街徘徊、アレな町並み、特殊地帯、その他諸々テーマを問わず幅広く(中途半端に)気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.