どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

【荒川区】警察庁長官狙撃事件の舞台!隅田川リバーサイド高級マンション「アクロシティ」を見物する

一連のオウム真理教事件に関わる裁判が終結し、東京拘置所に集められていた麻原彰晃こと松本智津夫含めた死刑囚13人のうち、松本を除く7人が東京拘置所から地方の拘置所に一斉に移送された事が報じられた。「平成の事件は平成に終わらせる」とばかりに、オウム裁判における死刑囚達の「Xデー」、すなわち死刑の執行が“平成”最後の日となる来年4月30日までに為されるのかが注目されている。

一方、“平成”の始まりとなったバブル終焉期、1990年から1992年に掛けて、荒川区南千住六丁目の隅田川沿いにあった工場跡地に大々的に建設された7棟の大型高級マンション群「アクロシティ」もまた一連のオウム真理教事件の関連を匂わせるものの、今現在も未解決のままとなっている「警察庁長官狙撃事件」の舞台にもなった。

ドヤと元刑場の街「南千住」にある大型高級マンション

ドヤ街山谷の一部を構成し、さらには小塚原(こづかっぱら)という江戸三大刑場の一つがあった東京における「忌み地」の代表格としてその名が挙がる荒川区の南千住に場違いなくらいに豪華なマンションがあるという単純な好奇心から、南千住駅からトコトコとそのマンション目掛けてやってきた訳ですが、駅から徒歩15分という微妙なアクセスの悪さがまず気になる。「アクロシティ」の“アクロ”とは“悪路”のことか?!とすら思えてきた。

そんなマンション群があるのは、足立区との境となる千住大橋と、日本屈指の「胞衣工場」(胎盤・産汚物を扱う特殊な工場)や皮革油脂関連の工場が密集する「荒川八丁目」との間という、非常に濃厚過ぎる地域なわけですが、土地価格が高騰していたバブル時代に都心に近接した地域である程度のグレードの新築マンションをサラリーマン(と言えどもエリート職に限るが)の所得で買わせるには、あらゆる負の要素が揃ったこの立地でなければ商売が成立しなかったのではないか、と逆に考えてしまう。

直線距離的には隅田川を跨いだ先の京成線千住大橋駅の方がずっと近いが、橋まで迂回せねばならないので、結局は1キロ離れた南千住駅、もしくは隣の千代田線町屋駅が最寄りだ。同じ南千住地域だと南千住八丁目の「汐入地区」が高層マンション密集地帯となっていて、こっちの方は賑やかな新興住宅地風だが、アクロシティの方はどうかというと、人の姿も少なくなんだか陰気臭いムード満開である。これだけでかいマンション群なのに付属する商店街もなく、生活感がことごとく抜けている。

早速アクロシティの全体図を見ることにする。7棟あるマンションはいずれもA~Gまでのアルファベットが頭につく「ポート」と呼ばれる名称が付けられていて、Aポートだけは4階建ての低層棟となっているが、B~Eポートまでが14ないし15階建ての高層棟、特に最後の「Gポート」は32階建てのタワーマンションとなっている。

アクロシティ唯一のタワマンGポートは「アクロシティタワーズ」の別名もある。豊洲や勝どきにタワーマンションが乱立するずっと前からあるヴィンテージタワマンの一つと呼んで良い。販売当時は余裕で億ションだったのだろうが、今となっては152.3㎡の超絶面積の3LDKとなっている24階の一室が6,280万円で売りに出されている始末だ。

高級マンション・アクロシティで起きた「警察庁長官狙撃事件」とは

ド下町・荒川区にまさかと思うような、そんなバブル時代の産物である高級マンションの敷地内で、今から23年前、一連のオウム真理教にまつわる数々の事件や阪神・淡路大震災といった市民生活が脅かされる出来事が続き、「世紀末」の異様な空気に包まれていた最中に発生した「警察庁長官狙撃事件」、それはアクロシティ北東側の一画で起きている。

1995年3月30日午前8時31分頃、当時の警察庁長官だった國松孝次氏が出勤時、自身の住む「アクロシティEポート」の通用口(この写真の正面玄関から右手側にある)から出たところ、待ち伏せていた男によって銃撃された、というのが事件のあらまし。事件が起きたのがちょうど地下鉄サリン事件やオウム真理教に対する一斉捜査のあった時期に近く、当初はオウム真理教関係者が事件を引き起こしたものとみられ、2004年には実際にオウム幹部が3名逮捕されているが、結局嫌疑不十分で不起訴処分となっている。

現場にはわざとらしく北朝鮮の朝鮮人民軍バッジなどが落としてあったという事から、オウム犯行説に加えて北朝鮮工作員犯行説も出たりしたが、結局未だに犯人は分からないまま、15年後の2010年に殺人未遂罪の公訴時効を迎えている。この事件で3発の銃弾を受けた國松氏は瀕死の状態となったが、辛うじて一命を取り留めている。

警察庁長官を撃った男 (新潮文庫)

だが実は時効成立前に警察庁長官狙撃事件の「真犯人」を名乗る人物が現れている。2002年に名古屋市で現金輸送車襲撃事件を起こし、それ以前にも昭和31(1956)年に武蔵野市で巡査を射殺した事件を起こしており、無期懲役で現在も岐阜刑務所に収監されている中村泰(ひろし)受刑者(今年88歳)が狙撃事件の真犯人であるとされ、「新潮45」2004年4月号に掲載された本人の手記では自分が犯行を起こしたと衝撃の告白をしているものの、なぜか逮捕には至っていない。

今も世間はこの事件を思い返すと「これもオウムの仕業」だと反射的に記憶しているままである。それで、新潮文庫から「警察庁長官を撃った男」という単行本も出てたりするわけですが、この男が本当に真犯人なのか、真相の程は分かりませんねぇ…

ともかくオウム事件にせよ「酒鬼薔薇聖斗」事件にせよ、20年以上が過ぎた今となっては想像も付かない事件が次々と起こっていた異様な時代、それが90年代だった。刑場の街・南千住の隅田川河畔にそびえる高級マンション・アクロシティはそんな狂乱の時代に生まれ、その時の派手派手しい姿を今日まで保ち続けている。


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.