【座間市】アパートで9人殺害!衝撃事件の舞台となった小田急線「相武台前」はどんな街なのか

日本の殺人事件史上稀に見る「9人殺害」の衝撃的な出来事の舞台となった神奈川県座間市緑ケ丘六丁目にあるワンルームアパートの一室。小田急線相武台前駅から徒歩10分、線路沿いの人目に付きやすい住宅街の一角で、わずか二ヶ月もの間に9人もの男女が殺害されるという異様な事件が発覚したのは2017年10月30日の事である。

あまりにも衝撃的過ぎる事件である事から世間の関心も高く、当方がツッコミを入れるまでもなく既に沢山のマスコミやネット民によって事件の全貌を知ろうとする動きが起きている。しかし、ネット上で「東京DEEP案内なら『9人殺害事件のあった座間市相武台前はどんな街なのか』とレポートを書いてくれるはず」といくつも期待の声が寄せられている中で黙ってこの事件を見過ごす訳にもいくまい。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.