記事を人に教える

セレブ外国人タウン「広尾」に下町の路地裏風景がある件 (3)

記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

広尾商店街北側の路地裏には本当に驚いてしまった訳だが、広尾という街は路地裏が面白い街だと言うのは、商店街南側の路地も見てから判断しよう。
20-208.jpg
広尾商店街南側に入ると、さすがに人がすれ違うのもやっとという程のものでもないが、やはり狭い路地に住宅が密集している。


20-209.jpg
路地の奥に押し込められるように鎮座するは広尾弁財天。かなり小さな神社で、弁天様を祀ってはいるようだが池も見当たらない。鳥居の社額には「広尾辨天閣」とある。
20-210.jpg
弁財天の前にも古い木造家屋が残っているが、一部は改装されてオシャレな雑貨店に。
20-179.jpg
この界隈も殊の外ボロアパートの残骸が目に付く。とはいえまだ生活者がいるようで、公明党ポスターまで貼りつけられている。
20-211.jpg
このアパートの端は「百川」という古い居酒屋。看板には季節料理とあり。
20-212.jpg
居酒屋「百川」の角を曲がるとこれまた強烈にそそられる路地が姿を現す。広尾という街にこんな一面があるとは思いもしなかった。
20-213.jpg
袋小路の中も時間が止まったまま。バラック家屋の成れの果てが人の目に付かず放ったらかしにされている。
20-214.jpg
どうやらさっきのボロアパートの裏手にあたるようだ。こう見えてもまだまだ廃墟にはなっていない。隣には綺麗なマンションが建ってはいるが、ここはまだ建て替えられる様子はない。
20-216.jpg
で、やーっぱりこういう路地裏には日本共産党のポスターが似合う。
20-217.jpg
さらに路地の奥に突っ込んで行くと完全にお化け屋敷と化した蔦まみれの廃屋が一軒、恨めしそうな表情で立ち尽くしているのだ。
20-218.jpg
玄関の開き戸にもバッテンが打ち込まれていて、二度と開く事はないようだ。主の居なくなった家には、代わりに植木や屋根の蔦が我が物顔で枝葉を伸ばし続けている。
20-220.jpg
廃屋の屋根も錆びついて今にも壊れてしまいそうだ。何年間放置され続けているのだろう。
20-219.jpg
廃屋の脇から横手に回れる。古びたコンクリート床が敷地の奥に伸びるが、その向こう側には都営広尾五丁目アパートの巨大なコンクリート団地が存在感を示している。外苑西通りに面して建つ巨大な軍艦。
20-185.jpg
天現寺橋交差点北西角に位置する巨大団地「都営広尾五丁目アパート」。見た目のボロさから分かるが、昭和45(1970)年築と古い。昔は都電広尾車庫だった。
20-182.jpg
団地の壁には色違いのタイルを張り合わせて「都営広尾五丁目アパート」の文字が作られている。ファミコン世代で言う所のドット絵的な文字。微妙に下手くそな字で笑える。
20-181.jpg
しかしこの巨大さには息を呑んでしまう。ベランダが建物から張り出さずに窓枠の内側に押し込められているのが特徴的…いや、もはや芸術的。
20-222.jpg
ちなみにこの近所には2ちゃんねらー界隈では目の敵にされまくっている日本ユニセフ協会でお馴染みのアグネスチャンさんの豪邸兼事務所があるんですが…
20-221.jpg
場違いに立派な建物に加えて、黄金色の装飾のついた物凄く豪勢な玄関扉でびっくりしました。

The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

記事を人に教える

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.