どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

【西東京市】西武線沿線に鎮座する、マンモス団地の始祖「ひばりが丘団地」を訪ねる【東久留米市】

古今東西あらゆる「団地」を訪ね歩いてきた我々取材班。やけにシャレオツで意識の高い豪華なマンション群もあれば、後期高齢者やナマポ受給者しか暮らしていないオンボロ住宅まで、団地とは一言で言えども様々な形がある。しかしそうした「団地」という生活空間が戦後に成り立った経緯を振り返ると、一度は目を通しておかなければならない場所がある。

池袋から西武線に揺られて今回やってきたのは西東京市と東久留米市に跨る「ひばりが丘団地」。昭和34(1959)年に当時の日本住宅公団が整備した、日本最初のマンモス団地と言われる場所である。なんだかんだ言って、今までここを取り上げて来なかったのは何かの手違いでしかないので今更ながらのレポートである。いや、だってしょうがないでしょう。「見のがしてたね」と自虐PRかますくらい存在感のない街なんだもん。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.