DEEP案内謹製「絶対に住みたくない街ランキング」埼玉県版2021

特別寄稿

2017年に首都圏住みたくない街」(駒草出版)を出版し36000部を売り捌いた、あの著者である当方が相変わらずひん曲がった視点で様々な地域をぶった斬る当シリーズ。またしても今回も槍玉に挙げる「埼玉県」

埼玉県人口、0.5%微増 増加数の8割が外国人
総務省が4日発表した2021年1月1日時点の人口動態調査で、埼玉県の人口は前年比3795人増(0.5%増)の739万3849人だった。増加数のうち約85%に相当する3258人が外国人で、日本人の増加数(537人)を大きく上回った。県内には中国人やベトナム人をはじめとする外国人労働者や学生が多く、各国のコミュニティーも多...

目下のコロナ禍で窮屈な東京都区内を脱出して埼玉に転入してくる“都落ち組”が増えていて、現在739万人いる埼玉県の人口は未だに微増傾向にあるようだ。しかし増加人口のうち“外国人が8割”というのがリアル過ぎる。この先も埼玉県は“移民街”と化していくのだろうか。

【有料配信記事】全文お読みになりたい場合は「note」の記事もしくは「codoc」の課金システムをご利用下さい。

DEEP案内謹製「絶対に住みたくない街ランキング」埼玉県版2021|逢阪|note
DEEP案内編集部noteの新企画として先日公開した「絶対住みたくない街ランキング神奈川県版2021」が良くも悪くも結構な反響を頂いているので、今回はその次回作として“埼玉県バージョン”を公開することにした。 2017年に「首都圏住みたくない街」(駒草出版)を出版し36000部を売り捌いた、あの著者である当方が相変わ...
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました