「 三浦市 」一覧

東京DEEP案内単行本、全国書店・Amazon等で絶賛発売中。

東京DEEP案内10年目、本気の書籍化!紀伊國屋書店新宿本店様をはじめ多数書店で目立つ場所に大量平積み陳列、発売一週間で早くも各書店では売り切れ続出の事態となっており、遂に緊急増刷掛かりました。第二版は7月7日頃発売予定。Amazon予約受付も近日再開します。

全8件中 1〜8件目を表示

NO IMAGE

三浦半島の先端を往く (8) 三崎下町商店街<後編>

映画ロケ地だったりゲームソフトのロケ地だったりして来た事はなくとも「そう言えば見た事があるかも知れない」デジャブに襲われそうになる商店街、それが三浦半島最先端、三崎港にある三崎下町商店街である。 しかし相変わらず閉めたままの店ばかりで泣け...

>記事全文を読む

NO IMAGE

三浦半島の先端を往く (7) 三崎下町商店街<中編>

古い街並みの商店街風景がそのまま残る三崎港の「三崎下町商店街」。 商店街としては寂れっぱなしでどうしようもないような雰囲気だが、街の各所を歩き回るとそこかしこに日本的な漁師町の原風景が広がっている、タイムスリップゾーンである。

>記事全文を読む

NO IMAGE

三浦半島の先端を往く (6) 三崎下町商店街<前編>

三崎港と城ヶ島を回った後に、どうしても行っておきたい場所があったので寄ってきた。 三崎港住民の集う「三崎下町商店街」である。商店街は「三崎銀座商店街」をはじめ「サンロード」「すずらん通り」「日の出通り」などと通り毎に違った名称がつけられてい...

>記事全文を読む

NO IMAGE

三浦半島の先端を往く (5) 城ヶ島上陸<後編>

唐突に現れる謎のギリシャ神殿風公園を抜けると目の前に城ヶ島灯台がある。 江戸時代の烽火台があった時代を含めると歴史は古いが、明治3(1870)年に初代の灯台が初点灯、ペリーの黒船来航で開国を迫られた近代日本で5番目に点灯した西洋式灯台であ...

>記事全文を読む

NO IMAGE

三浦半島の先端を往く (4) 城ヶ島上陸<中編>

三浦半島の先端、城ヶ島に上陸したばかりでのっけからゴミ屋敷の廃屋を見つけて興奮する我々だが、この島も基本的には観光地として整備されていて、島の東側は城ヶ島公園、西側は千畳敷の磯が広がる長津呂崎、どちらも景勝地だ。 長津呂崎に至る道には観光...

>記事全文を読む

NO IMAGE

三浦半島の先端を往く (3) 城ヶ島上陸<前編>

三崎港から城ヶ島大橋ではなく渡船に乗って城ヶ島に渡ってきた訳だが、この城ヶ島も戦後の漁港の発展で三崎港の施設用地を増設する際に土地が足りないという事で三崎港の一部として整備された経緯があって、対岸の三崎港と同じように港町の風景が広がっている...

>記事全文を読む

NO IMAGE

三浦半島の先端を往く (2) 三崎港から城ヶ島へ

三浦半島の先端部、三崎港を起点に三浦半島一帯を散策する小旅行に出向いた我々東京DEEP案内取材班。 買い物客で賑わう三崎港朝市を早々に抜けて、磯の香りが充満する三崎港周辺を少々散歩することにした。

>記事全文を読む

NO IMAGE

三浦半島の先端を往く (1) 三崎港朝市

京浜急行の快特電車に乗ると終点に「三崎口」と書かれている。京急利用者でこの三崎口まで実際に行った事のある人はどれだけいるのだろう。 三崎口駅という場所は横須賀のさらに先、三浦半島の先端にある三浦市三崎港の玄関口。 こんな最果ての地は滅多に...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

東京DEEP案内へようこそ

2008年2月からサイトを運営しております。首都圏一都三県の街ネタ情報、裏街徘徊、アレな町並み、特殊地帯、その他諸々テーマを問わず幅広く(中途半端に)気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.