記事を人に教える

【重要告知】サイト開設10年目で待望の書籍化!「東京DEEP案内が選ぶ 首都圏住みたくない街」全国書店にて絶賛発売中!

記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

発売たちまち3万部突破のベストセラーと化し首都圏在住者・不動産関係者をざわつかせる驚愕の東京DEEP案内本!

2008年2月に開設し、東京及び首都圏各地の裏町探訪、アレな街ネタレポートをダラダラと提供し続けて参りました「東京DEEP案内」、今年で10年目を迎えることになりましたが、紆余曲折を経てとうとう2017年6月15に単行本が発売となりました。しかし発売から僅か一週間で全国書店から売り切れ続出、Amazonでも即刻品切れを起こし、さらに増刷を行いましたがそれでも即刻完売という状況に現在第四版まで増刷が決定しております。発売たちまち3万部の大衝撃!

「東京DEEP案内」が選ぶ 首都圏住みたくない街 (駒草出版)

巷に溢れる「住みたい街ランキング」といった類の情報、やれ吉祥寺がいいとか恵比寿だ自由が丘だ横浜だと毎年アホの一つ覚えのように繰り返される不動産業界の「住ませたい街」ステルスマーケティングに載せられる人々も多い最中、何故か誰もが目をつけなかった「住みたくない街ランキング」を本書籍で実現。

2008年のサイト開設以来10年越しの活動を経て首都圏各地のあらゆる街を巡り歩いては容赦ない毒舌混じりの批評を続けてきた「東京DEEP案内」管理人逢阪まさよし率いるDEEP案内編集部のノウハウと、蓄積してきた街のネガティブ情報をもとに「絶対住みたくない街」を選定。DQN地域、貧困地域、ドヤ街、アウトロー集住地帯、環境汚染区域、風俗街・ラブホ街、勘違い液状化ゾーン、などなど様々な街の地雷要素を徹底解説。

それに加えて、絶対に住んではいけないDQN地域・地雷エリアの見分け方をレクチャーした「”住みたい街”と”住みやすい街”は違うよ、全然違うよ!」、各鉄道路線別にその特徴と人種の違いを東京DEEP案内独自の独断と偏見を惜しげもなくぶち撒けた「鉄道路線別”傾向と対策”」、首都圏の45路線718駅の街ネタを一挙に列記した圧巻の「首都圏鉄道駅別ざっくりネタ帳」もアリ。貴方の住んでる街が身も蓋もない書かれ方をされているかも知れませんよ?

その他、東京DEEP案内ならではの「首都圏のコリアタウン」探訪記総集編もあれば、「ドヤ街」「バラック建築」、さらに「オウム真理教施設」いった近所にあると色々と面倒臭いことになりそうな物件レポ、住みたくないけどたまに遊びに行くならこんな街「場末タウン散歩」レポ、さらにはネット上では一切未掲載「朝鮮大学校&創価大学」の二大超絶大学学園祭レポもまさかの収録。

さらには巻末付録として、ネット上で大反響を起こした「東京タウンマトリックス」(2017年度版)をフルカラー4つ折り綴じ込み(縦横26.4cm)収録という豪華な内容となっている。

計504ページ(カラー368ページ+2色136ページ)のボリュームで構成された大充実の首都圏DEEPタウンレポート。消去法であぶり出す「住みやすい街」探しの新バイブル、ここに完成。

首都圏および全国の書店にて絶賛発売中!
売り切れ続出につき第二版に続き第三版も出血大増刷中!

Amazonにて増刷分予約販売中。
Amazon「本」ランキング最高11位獲得しました。

7月8日朝日新聞朝刊サンヤツ広告に掲載の上、今月中にJR東日本首都圏近距離路線上で電車広告を展開予定!

<メディア関係者の皆様へ>本書籍に関する取材や問い合わせ等はDEEP案内編集部ではなく駒草出版へお問い合わせ下さい。駒草出版の担当者様と各個相談の上で判断を決めさせて頂いています。

The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
タグクラウドから記事を探す
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

記事を人に教える

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.