どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

川口市と合併した旧鳩ヶ谷市はこんな街

つい先日、ニュースで「川口市と鳩ヶ谷市が合併した」と報じられた。とは言っても、川口市はともかく鳩ヶ谷市というのは何なのか、馴染みの薄い人は多いだろう。そもそも埼玉県は日本一「市」の数が多い県で、それも県内になんとか谷市というのが、越谷だの熊谷だの深谷だの紛らわしいのがいっぱいあるので、鳩ヶ谷と聞いても全くイメージがつかないのだ。
10-448.jpg
しかし鳩ヶ谷という街は日光御成道にある由緒ある宿場町で江戸時代から栄えていた街だ。場所は都内からも近く、近年開通した埼玉高速鉄道の鳩ヶ谷駅というのがある。地下鉄南北線に乗れば赤羽の目と鼻の先だ。これは迂闊だった。駅を降りるとハトのマークがお出迎え。


10-447.jpg
現状では浦和レッズサポーター御用達とも言われる埼玉高速鉄道、ある意味では「埼玉にも地下鉄があるんだからね」と都会ぶれる口実にもなる路線だが非常に存在感の薄い鉄道路線。川口や草加からもバスで来れるが、心理的には行きづらい場所である印象が強い。
10-449.jpg
通勤時間帯にも関わらず利用客のまばらな鳩ヶ谷駅構内には地元鳩ヶ谷の特産品を陳列するスペースがあり、さっそく容赦無い田舎臭さを晒している。東京の目と鼻の先にあっても、ここは埼玉という一地方の街なのである。
10-450.jpg
蕨市に次いで面積の小さい鳩ヶ谷の有名な名物はブルドックソース。市内には創業70年を超えるソース工場が存在し、このブルドックソースを使った焼きうどんを鳩ヶ谷の「埼玉ご当地B級グルメ」にしようという動きがある。
10-451.jpg
鳩ヶ谷駅を出て市役所の方に向けて歩く。駅舎や周辺の街並みはすっかり再開発されており新興住宅地らしい風情になっている。真新しい二車線道路に綺麗なマンション、と退屈極まりないが古い街並みが残る旧宿場町が続く本町界隈は駅から東に200メートル少々離れている。
10-452.jpg
駅から5分くらい歩いた所に鳩ヶ谷市役所の建物がある。人口6万人少々の小さな自治体にしてはやけに立派な庁舎だ。2011年10月11日をもって川口市と合併し、現在は川口市役所の鳩ヶ谷支所として機能している。
10-453.jpg
鳩ヶ谷を訪れたのが昨年末だったので市役所の前にはこんなものが貼り出されていた。「川口市との合併を実現させよう!」とノリノリである。

大きな地図で見る
よそ者の我々から見ると、鳩ヶ谷市の周囲三方を子宮のごとく川口市がすっぽり囲んでいて、奇妙な形になっているのが不自然でならない訳だが、所謂子宮口にあたる部分が唯一川口市ではなく東京都足立区入谷九丁目と境を接している八幡木三丁目。戦前から続く合併話のゴタゴタで生み出された歪な市境だ。
10-459.jpg
当事者である鳩ヶ谷の市役所は合併にノリノリなのに、すぐ近所の民家付近を見るとあちらこちらに「川口合併反対」の看板を掲げる住民が居る模様で、ちょっとばかり異様な雰囲気を醸している。
10-456.jpg
しまいには合併の文字に括弧を付けて「げれつこうい」などと手書きで付け足している。よっぽど合併がお嫌いのようだが既得権益が絡んでいるのか意図が何かよくわからん。
10-457.jpg
実は鳩ヶ谷市は昭和15(1940)年に一度川口市と合併した事があるのだが、戦時中ともあって軍事的な思惑が強く働いた半強制的な国策合併だったとして反発も多く、戦後の混乱が収まった昭和25(1950)年に川口市から分離独立して合併前の鳩ヶ谷町に戻った経緯がある。
10-458.jpg
つまり今回の川口との合併は「再婚」という事になる訳だが、戦前までの鳩ヶ谷市は県南部随一の街だった。明治時代の鉄道敷設計画で岩槻とともに反対運動が起こり、当時何も無い野原だった川口や大宮に鉄道が通され、長い間鉄道とは無縁の地になった事で開発から取り残される事になった。
10-460.jpg
それにしても合併反対派の事務所がやけに仰々しくて凄い。今となっては兵どもが夢の跡だろうが、小さな鳩ヶ谷市にはせいぜいブルドックソースくらいしか企業もなく自治体としての発展の伸びしろにも限界があった事が再合併の大きな理由だったようだ。
10-461.jpg
この事務所の雰囲気を見て分かったが合併反対派はどうやら共産党の方々らしい。「やめよう!いいなり」なんて書いてあるあたりが匂う。
ちなみに鳩ヶ谷以上のミニ自治体である蕨市は共産市政絶賛施行中で、ネットカフェに住民票置いてもOKだったり、カルデロン一家の件でも分かるように外国人や福祉世帯に優しい街づくりが行われているようだが、鳩ヶ谷はそうはならなかったようだ。
10-454.jpg
市役所の近くのはとがや病院関連の保育園や老人ホームが入る施設建物にも何やら香ばしい横断幕がガラス窓に貼りつけられているのが見える。ここも共産党系列なのかね?
10-455.jpg
「ボク、戦争はきらいだ!だから憲法9条変えちゃダメ!」のっけから幼稚園の窓にイデオロギッシュなスローガンが…思想信条は自由だけど恥ずかしげもなく子供をダシにすんなよ(笑)
ちなみに鳩ヶ谷市は2004年にも川口市・蕨市と一緒に「武南市」として合併する話が持ち上がっていたが物別れに終わっている。今回の合併実現で蕨市だけが残ったが、これがいつまで続くのか見ものである。

市町村合併 (ちくま新書)
佐々木 信夫
筑摩書房
売り上げランキング: 167312
ブルドック 焼そばソースハンディパック 1.8L
ブルドックソース
売り上げランキング: 17427
The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.