どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

【現存せず】埼玉が世界に誇るダークサイド温泉「百穴温泉春奈」の思い出

元来、江戸時代までの日本の浴場の風習として「混浴」というものがあった。男女の別け隔てなくすっぽんぽんで風呂に入るという習慣を、幕末期に黒船に乗ってやってきたペリー提督が驚き「日本人は放蕩な人民である」として幕府に苦言を呈する、それがきっかけで欧米列強に見習うがごとく明治の時代になって本格的に混浴が禁じられた。

しかし、時代は過ぎ去り21世紀の日本においても、誰にも知られる事なくひっそりと続けられている混浴温泉の存在が全国にはまだまだ沢山残っている。だが東京近郊にエリアを絞るとその数は非常に限られる。

その一つが「海なし、温泉地なし、世界遺産なし」(埼玉「超」観光立県宣言)と県自身が自虐的に言ってしまうまで、一般的に温泉不毛の地と言われる埼玉県のど真ん中、吉見町の片隅に残っていたのだ。東京から関越道をすっ飛ばして東松山ICで降りると、都心からもせいぜい1時間くらいで辿り着ける場所だ。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です—-

The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.