どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

池袋のお隣・帝銀事件でおなじみ「椎名町」 (2)

池袋からたったの一駅、西武池袋線椎名町駅を降りると目の前には雑然とした下町全開の駅前風景が広がる。

駅前にお決まりのパチンコ屋、そして西武線沿線ではお馴染みの「ぎょうざの満洲」やそれに準じたちょっと貧乏臭いチェーン系飲食店が狭い路地に密集している。昔の人なら椎名町イコール帝銀事件だが、今となっては池袋至近の穴場住宅地として上京する貧乏リーマンが比較的家賃相場のお値打ちなこの界隈に住みたがる。



椎名町には立派なアーケード商店街「すずらん通り」まであるのだ。50メートルくらいしかないけど。これまた古臭い個人経営の飲食店や衣料品店などが立ち並んでいる。

束の間のすずらん通りを抜けると左手に西武線の踏切、右手にはサンロード商店街とサミット通りが続いている。さすが西武線沿線だけあって垢抜けた雰囲気は皆無である。よく言えば懐かしい下町的情緒。

駅前のアーケード商店街を潜らず帝銀事件の現場の裏手あたりの路地に入ると今度は仲通り商店会が街の南北を貫いている。ここもおしなべて下町風情に満ち溢れている。

仲通りもまた古びた店舗兼住居が大多数で場末感が強い。ここいらで小洒落たカフェを探そうとしてもどこにもございません。

人によっちゃ椎名町住みなのに目白に住んでますと嘘を付けるくらいセレブタウン目白には歩いて行ける程近い。実際、椎名町駅の東側にある山手通りを跨いだ先は目白五丁目だが、こちら西武線の踏切を跨いだ北側は目白とは全く世界が違う。この街では昔ながらの中華料理屋が元気だ。

赤線跡を転用したかのような、角にアールの入った美容室の建物。この辺は別にそういう場所ではなかったような…仲通りはこの辺にして来た道を戻る。

そういえば仲通りの途中に廃業した歯科医院の建物があるのだがまるっきり蔦で覆われて緑化住宅と化していて見た目に凄い。

歯科医院の建物もモダンな洋館風味で不思議な存在感を放っている。恐らく帝銀事件発生時からここに建ってたんじゃなかろうか。そのくらい古臭い。そして空き家になったまま放置プレイという不気味さ。

◯道歯科◯院と一部欠けてしまった医者の看板。ここが廃墟状態なのをいいことに敷地前には不法駐輪がやけに目立っていた。

ドキュメント帝銀事件 (新風舎文庫)
和多田 進
新風舎
売り上げランキング: 561005
The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.