【宗教タウン】大田区育ちの新宗教は創価学会だけじゃなかった!池田大作ゆかりのド下町・糀谷にそびえる宗教施設「神命大神宮」

大田区
©Masayoshi Osaka

当記事は2011年2月から「東京DEEP案内」に掲載していた、大田区西糀谷にある宗教施設「神命大神宮」に関する記事を全面的に見直した上で書き下ろし、写真追加の上、再公開しているものです。

全国各地に星の数ほどある宗教団体…“信じる者は救われる”だなんて決まり文句のように言われるモンですが、仏教系・神道系・キリスト教系・はたまた移民の増加によってじわじわ広がりつつあるイスラム教系…日本社会がこのまま多文化共生の道に進むのであれば、宗教の問題もまた真剣に考えなければならない話であることには違いがない。どれだけ多民族多宗教の社会へ変わろうと、普遍的な価値観として宗教が“人々の心の拠り所、安寧をもたらすもの”であって、“人心を惑わし、破壊と争いの元となるもの”ではあってはならない。前者を“宗教”と呼ぶべきものであり、後者は“カルト”と呼ぶべきものだ。

【各界反応】池田大作氏が死去 創価学会名誉会長 95歳 老衰で | NHK
【NHK】創価学会は18日、池田大作 名誉会長が今月15日の夜、東京 新宿区の居宅で老衰のため亡くなったと明らかにしました。95歳…

さて、そんな意味で評価が“前者”となるのか“後者”となるのか、意見が真っ二つに分かれるのが、我が国の国政にまで影響力を及ぼす日本最大級の新興宗教団体創価学会であることは間違いない。この創価学会を成長させ、公明党を創設した三代目会長の池田大作が2023年11月15日に95歳で息を引き取ったという話題は、全国の創価学会信者、創価ウォッチャーに少なからぬ衝撃を与えた。

【有料配信記事】全文お読みになりたい場合は「note」の記事もしくは「codoc」の課金システムをご利用下さい。

【宗教タウン】大田区育ちの新宗教は創価学会だけじゃなかった!池田大作ゆかりのド下町・糀谷にそびえる宗教施設「神命大神宮」|逢阪
当記事は2011年2月から「東京DEEP案内」に掲載していた、大田区糀谷にある宗教施設「神命大神宮」に関する記事を全面的に見直した上で書き下ろし、写真追加の上、再公開しているものです。 全国各地に星の数ほどある「宗教団体」…“信じる者は救われる”だなんて決まり文句のように言われるモンですが、仏教系・神道系・キリスト...
タイトルとURLをコピーしました