どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

中央線最強の飲む打つ買うタウン!「立川駅南口」のDQNな街並みを見物する

<2ページ目を読む

ギャンブル天国のオッサンパラダイス、西の錦糸町などと噂される立川駅南口のウインズ周辺をもう少しうろついてみよう。

周りの雑居ビルに注目すると、飲食店に混じってかなりソッチ系のお店が多い事に気付くだろう。他にもレンタルルームとか雀荘まであって、完璧に中年親父の遊び場として徹底されているのが分かる。

物凄く怪しげな看板を掲げる中国人パブ、その隣には何やら組事務所らしき看板の付いた玄関もある。この周辺を牛耳っているお方々なんでしょうか。しかし歓楽街がこれだけの規模なら何ら驚く事ではない。

ウインズの周辺にあるこうしたイカガワシイ系の店も、ちっとも高級感に欠けたビンボーオヤジ向けのものが主流のようである。わざわざ遠い新宿まで出なくとも全て用事が済む訳だ。

1階はごく普通の回転寿司屋だが、その上がまるごと「そういうお店」だったりして何なんだろうと思うが、立川では別に珍しい光景ではない。

雑居ビルの店舗構成をいちいちチェックするのも面白い。「飲む打つ買う」ここまでオッサンの欲望を体現したようなあからさまなビルが普通にあちこちにあるのだから。

立川駅南口の錦町を走る商店街、いろは通り、ウインズ通り、すずらん通りの三角地帯に怪しい店の数々が密集している。1階に多摩名物スタ丼屋が入るこちらの雑居ビルも同様である。

これだけの数の店がウインズ立川に集まる有象無象のオヤジどもの飽くなき欲望を無尽蔵に吸い込んでいるのである。錦町周辺だけでもお腹いっぱいなんですが。

ようやくまともにコンビニがあったと思いきやその上を見るといかにもなド派手看板を掲げたなんとか接待飲食店だったりするので本当に抜け目がない。

店が多すぎて選べない欲張りなオッサンのために無料案内所まで用意されている。外側から完全に見えないように目張りされていて怪しさ倍増。

この界隈だけでもたいがいだと思うのだが、立川駅周辺には南口の錦町周辺と、北口の曙町にもそれぞれこうした地域が乱立している。風紀の悪さはもうここで長文を連ねて語るまでのものでもなく、規模ではもう完全に八王子に勝っている印象がある。紛れもなく中央線沿線最強のDQNタウンの座は譲れないであろう。

欲望の街・立川で遊び過ぎて身を滅ぼす事なかれ。この街には鬼が棲んでいる。こちらは立川名物の「鬼公園」ですが…


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.