記事を人に教える

雑司が谷散策 (4) 池袋サンシャイン裏

記事を人に教える

【キュレーションメディア等、他サイトへの記事中の文章・画像無断転載厳禁】

鬼子母神堂、雑司ヶ谷霊園などを中心に雑司が谷界隈を歩き回ったわけだが、都電雑司ヶ谷駅までやってくると、すぐ先には池袋の副都心が控えている。
18-92.jpg
都電の線路の先、真正面にはサンシャイン60の超高層ビルが見える。池袋の副都心と古い街並みの境目ともなる独特の風情がたまらない。


18-91.jpg
しかしやたらと廃墟やオンボロアパート、空き地が目立つことを不自然に思う訳だが、雑司ヶ谷霊園も近いせいで住む事を敬遠されるから?だなんて勝手に思っていたがそうでもないようで、交番のお巡りさんに聞いた話、この界隈に新しく道路ができるせいで、一帯の土地が全て更地になるんだそうだ。
もうこの風景も見納めですよ、と言う交番のお巡りさん。
18-98.jpg
確かに、副都心線の駅が出来た都電の鬼子母神前あたりからやけに土地が開けていると思ったのだが、やはり開発の波がここまで進んでいるということだろう。
東京にはまだまだ沢山、情緒を残した下町があるが、開発の波で消えていく風景も多い。
18-97.jpg
都電の踏切の先には「有隣会」と筆書きで書かれた古い看板があり、なんだこりゃ?と思ったのだが、調べてみると都内各地にホームレス用のシェルターなどを運営する社会福祉法人の「有隣協会」の名前が出てきた。(同一団体かどうかは不明だが多分違う)
その右隣の小さくてしかもさっぱり読めない文字は「徳は孤ならず必ず隣有り」と書かれている。
18-93.jpg
道路用地として決まった土地の上にある建物は見事に廃墟となったまま放置されている。
18-94.jpg
以前は生花店だったようだが廃墟となっては当時の姿を想像することは難しい。こうして町の記憶は時代と共に消えてゆく。
18-95.jpg
しかし立ち退きが進む場所以外でも路地に入るとびっくりするくらいオンボロのアパートがひしめいているので意外に思ってしまう。
何度もしつこいが、ここ、池袋徒歩圏だぜ?
ここまで来ると有楽町線東池袋駅に程近い。
18-96.jpg
このアパートも廃墟同然の姿を晒している。やはり立ち退き対象なのだろうか…と思って調べたが、ギリギリ再開発ゾーンをかすめて外れている。(→詳細
この界隈の再開発は「南池袋二丁目再開発」として進められており、現在は池袋東口を通る明治通りのバイパス道路に加え豊島区役所新庁舎などが出来上がる予定になっている。

The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
タグクラウドから記事を探す
スポンサーリンク
DEEP案内編集部のnote

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

記事を人に教える

スポンサーリンク
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.