川崎市中原区

川崎市中原区

【川崎市】ギャンブルライン南武線の限界…危険な踏切横断が多発する下町「平間」を見物する

東アジア屈指の過密都市・東京を中心とした首都圏に暮らす人々、あれだけコロナ禍でドエライ目に遭っているにも関わらず、すっかりそんな状況にも慣れてしまったのか毎朝の通勤列車の混雑ぶりはコロナパンデミック前の状況に戻りつつあるという。「喉元過ぎれ...
川崎市中原区

【川崎市】台風19号のせいで高級タワマン乱立地帯が泥水まみれ!住みたい街「武蔵小杉」が大変な目に遭ってました

2019年10月12日夜、関東地方を通過した「台風19号」(Typhoon Hagibis)は、東日本の広域に甚大な豪雨災害をもたらした。まだ被害状況が出揃わない中だが、既に判明しているだけでも死者数は60人を上回っている。なんだか近年の...
川崎市中原区

【まともな川崎】東横線元住吉「モトスミ・ブレーメン通り」を観察する

近年工場跡地が再開発されタワマン乱立ゾーンに変貌してしまった川崎市中原区の「武蔵小杉」。東急東横線とJR南武線が交わる街にJR横須賀線ホームも新設され、都内主要部の大部分を乗換なしで行ける事になった地の利の良さも相まって、川崎のくせに地価も...
川崎市中原区

住みたい街人気急上昇!再開発タワマンに侵食される「武蔵小杉」の昭和と平成がせめぎ合う街並み

東京と横浜に挟まれた立地で、ベッドタウンとして急成長を遂げ人口146万人を数える神奈川県第二の政令指定都市「川崎市」の中でも近年メキメキと頭角を現し始めたのが、東急東横線、JR南武線に加えてJR横須賀線ホームまで新設され、再開発でタワーマン...
川崎市中原区

タワマン乱立で勘違い層急増!「武蔵小杉」は本当に住みたい街なのか (2010年)

2010年、横須賀線ホームの開業で街が一変しようとしている武蔵小杉駅周辺。横須賀線改札のある東側一帯は既にタワーマンションが乱立して、それまでの工業地帯の姿が消えかかろうとしている。
川崎市中原区

武蔵小杉最強伝説 (5) 東横線随一の下町「新丸子」

武蔵小杉駅から北に500メートルほどの場所に東急東横線の新丸子駅があり、その周辺に商店街が広がっている。まずは新丸子駅を起点に西口周辺を散策することにした。 新丸子駅前の商店街は東横線沿線にしては珍しく、気取っていない下町臭い風景が続...
神奈川県

武蔵小杉最強伝説 (4) 南武線武蔵小杉駅前

武蔵小杉や新丸子が実はコリアタウンだったという事はあまり知られていない。川崎区桜本などの「おおひん地区」の印象が強すぎて見向きもしなかったからなのかも知れない。 しかし多摩川沿いの一帯は大正時代から砂利採取業に携わる労働者として朝鮮半島から...
神奈川県

武蔵小杉最強伝説 (3) 法政通り・府中街道

東急武蔵小杉駅から南側の府中街道を跨ぐと、その先には「法政通り南壱番街」が続いている。法政通り商店街と呼んだ方が通りが良い。 その商店街の名前の通り、道なりに進むと中高一貫校の法政大学第二中・高等学校がある。駅前を見る限りはとても文教地区...
神奈川県

武蔵小杉最強伝説 (2) 東横線武蔵小杉駅前

横須賀線ホームの開業で街が一変しようとしている武蔵小杉駅周辺。横須賀線改札のある東側一帯は既にタワーマンションが乱立して、それまでの工業地帯の姿が消えかかろうとしている。 今度は元から市街地だった東横線武蔵小杉駅西側一帯を散策してみようと...
神奈川県

武蔵小杉最強伝説 (1) これが横須賀線武蔵小杉駅

ネット上でよく「武蔵小杉最強伝説」などと書かれたコピペを見かけるのだが、どこがどう最強なのかと思ったら最近になって横須賀線の武蔵小杉駅が開業したと言うことでやけにこの界隈がアツい。 一体どうなっているのかと思い、東京DEEP案内取材班は急遽...
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました