どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

【川越市】宮崎勤“第三の事件”の舞台となった陸の孤島団地「川越グリーンパーク」を訪れた

31年4ヶ月続いた「平成」の時代がいよいよ来月末で終わろうとしている中、なにかと「平成最後」が話題となっている昨今ですが、ここで「昭和の終わり」に起きた事件の一つでも振り返ってみようということで、やってきたのは埼玉県川越市の町外れ。

ここは川越市の東の外れ、荒川と入間川が分岐する古谷上地区に位置する「川越グリーンパーク」である。昭和58(1983)年に完成した、総戸数1,450という大規模な分譲マンションが立ち並ぶニュータウン団地となっている。ここが昭和の終わりに起きた、あの宮崎勤が起こした「東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件」における“第三の事件”の舞台となった場所だ。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.