どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

【悲報】消える西武グループの遺産…練馬区民の憩いの場、都内屈指の超老舗遊園地「としまえん」が94年の歴史に幕

2020年8月31日、埼玉県民御用達の私鉄大手企業「西武グループ」に関わる二つの施設が“最後の日”を迎える。一つは西武グループの創業者一家ゆかりの地、滋賀県大津市にある西武百貨店の関西における最後の店舗「西武大津店」、そしてもう一つが東京都練馬区にある遊園地「としまえん」である。

としまえんと言えば、東京23区内にある遊園地としては荒川区の「あらかわ遊園」と並ぶ超老舗、大正15(1926)年9月に開かれてから94年もの長い歴史を歩んできた場所だが、東京都民、いや西武線沿線住民の間では何世代にも渡って親しまれてきた遊園地と言うべき施設でもあった。所沢の「西武園ゆうえんち」と並んで昭和の古臭さ芋臭さを残していたレトロ遊園地も本日でおしまい。夏の最後の最後まで容赦なく糞暑い中だが、最後のとしまえんを楽しもうと今まさにマスクを付けて子連れで馳せ参じている方々も多いはず。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.