どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

東京最大のスラム・四谷鮫河橋谷町があった街…新宿区「若葉・南元町」 (2010年)

当記事はサイト運営上の理由で有料化されました。
全文をお読みになりたい場合は以下の項目を確認の上、ご自身の判断で購読の有無を判断願います。
DEEP案内の有料記事について

今で言う所の新宿区若葉二丁目、三丁目、南元町一帯はかつて「鮫河橋」という地名で呼ばれていた場所だ。大きく切り込んだ谷戸地が南側から伸びていて、谷底には鄙びた下町の商店街、その両側を寺町で覆い尽くされた、一見すると独特な空間だ。 この鮫河橋、上野の下谷万年町、浜松町の芝新網町と並んで江戸時代から戦前にかけて東京で「三大貧民窟」の一つに数えられていたという暗い歴史を背負っている。

貧民窟と聞いて黙っていられない東京DEEP案内取材班は、かつてのスラム街だった名残りを求めて四谷鮫河橋を幾度となく訪れた。もちろん現在はスラム街という事もなく、むしろ都心の一等地にあって高級マンションが立ち並ぶような場所となってしまっている。 街を探索する前に、四谷の総鎮守である須賀神社を訪れた。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.