「 中央区 」一覧

全26件中 1〜15件目を表示

首都の玄関口・東京駅の裏の顔「八重洲」のちょっとアレでゴチャっとした繁華街

首都の玄関口・東京駅の裏の顔「八重洲」のちょっとアレでゴチャっとした繁華街

今回やってきたのは首都東京の玄関口「東京駅」でございます。上京カッペ民も観光客もサラリーマンも仲良く集まる東京駅八重洲口。皇居のある丸の内側とは対照的に繁華街や地下街があったりしますが…

>記事全文を読む

銀座の激昭和レトロ空間「三原橋地下街」がいつの間にかご臨終していた件 (全2ページ)

銀座の激昭和レトロ空間「三原橋地下街」がいつの間にかご臨終していた件 (全2ページ)

「銀座」と聞くと世界に名だたるブランドショップが軒を連ねるセレブ御用達の繁華街だとか高級クラブだとか一方的なイメージしか抱かない昨今だが、昭和の面影を残した場所がまだあちこちに見られる街でもある。しかしそんな風景がまた一つ消えてしまおうとし...

>記事全文を読む

NO IMAGE

八丁堀・新富町 (4) 湊二丁目の地上げ廃墟地帯<後編>

バブル期の地上げ屋の暗躍によって街を滅茶苦茶に破壊させられたリアル北斗の拳状態の廃墟ゾーン「中央区湊二丁目東地区」。しかしそこに残された住民の生活はまだ続いている。そして、土地を守る為の戦いも今なお... URによる再開発計画に反対する地...

>記事全文を読む

NO IMAGE

八丁堀・新富町 (3) 湊二丁目の地上げ廃墟地帯<前編>

日比谷線八丁堀駅と有楽町線新富町駅の間、隅田川沿いに広がる中央区湊の下町ゾーン。しかしその一画がバブル期による地上げ屋の暗躍で街が虫食い状態になってしまい凄まじい光景を見せている。 明らかに異様な街並みを見せているのは鉄砲洲児童公園から南...

>記事全文を読む

NO IMAGE

八丁堀・新富町 (2) 鉄砲洲稲荷神社

町工場と古い民家が未だに残り地味な下町風情が漂う中央区湊界隈。最寄りは日比谷線八丁堀駅か有楽町線新富町駅。どちらもすこぶる地味過ぎる駅だ。 区立中央小学校、鉄砲洲児童公園に隣接して建つ鉄砲洲稲荷神社。鎮座1170周年を誇る古社で、5月に奉...

>記事全文を読む

NO IMAGE

八丁堀・新富町 (1) 中央区湊界隈

東京都中央区というと都心のど真ん中としか思い浮かばないようなエリアだが、それでも目を凝らせば昔のまま残った下町があちこちに残っていて意外に奥深い。 日比谷線とJR京葉線の駅がある、八丁堀駅で降りた。殆どがオフィス街のような場所で、休日の昼...

>記事全文を読む

NO IMAGE

東京DEEP案内的・銀座の裏側 (4) 銀座に残る下町

東京一のブランドタウンだと思いきや、三原小路や三原橋センターのような戦後の残滓のような物件が残っている多面性が銀座の特徴であるが、同じ銀座エリアでも東銀座駅方面にやってくると雰囲気は若干大人しくなってくる。 特に歌舞伎座がある周辺は急激に...

>記事全文を読む

NO IMAGE

東京DEEP案内的・銀座の裏側 (3) 三原橋地下街

ひたすら華やかなイメージしか湧かない銀座の中でも最も銀座らしくない存在、それが「三原橋センター」と呼ばれる古いビルである。 銀座駅から歌舞伎座方面に晴海通りを歩くと途中で現れる映画館「シネパトス」の看板が目に付くはず。これが三原橋センター...

>記事全文を読む

NO IMAGE

東京DEEP案内的・銀座の裏側 (2) 三原小路

毎日大勢の買い物客やセレブでごった返す銀座四丁目交差点のすぐ近くに「三原小路」という裏通りがある。 百貨店やブティックなどが目立つ銀座の目抜き通りから一歩内側に入っただけの場所だが、石畳の敷かれたお上品な路地が横切っているのが見える。

>記事全文を読む

NO IMAGE

東京DEEP案内的・銀座の裏側 (1) 銀座の路地裏

世界に名だたる日本のブランドタウン「銀座」。日本の近代化以降、銀座は東京を代表する一大商業拠点として発展を遂げてきた。 日本最初の地下鉄である銀座線の前身、東京地下鉄道の銀座駅が1934年に開業し、大方80年もの歴史を誇る。銀座駅構内には...

>記事全文を読む

NO IMAGE

勝どきドキドキ探検隊 (5) 都営住宅と超高層マンション

新月島川に架かる浜前橋から、勝どきエリアの最も沖合いに位置する勝どき五丁目と六丁目に入る。 隅田川に面した敷地にかなり古い消防署の建物が残っている。東京消防庁臨港消防署である。最近までこの場所で消防艇がスタンバイしていたのだが、見ての通り...

>記事全文を読む

NO IMAGE

勝どきドキドキ探検隊 (4) 新月島川の水上ベランダ

勝どき駅から清澄通りを豊海町方面に3分程度歩くと、新月島川に架かる新島橋へと差し掛かる。 新島橋の上から勝どき駅方面の岸を見ると、そこには超高層タワーマンションや住友不動産勝どきビルなどのいかついコンクリート建築に混ざって、古い木造家屋が...

>記事全文を読む

NO IMAGE

勝どきドキドキ探検隊 (3) 住友不動産VSバラック民家

勝どき駅前からさらに清澄通りを豊海町方面に歩いていくと、まだまだ古い木造家屋が残った路地裏が残る街並みを見る事ができる。 勝どきには戦災に遭わずに済んだ地域もあって、至る所に戦前建築が残っているのだが、その事がかえって超高層マンションの開...

>記事全文を読む

NO IMAGE

勝どきドキドキ探検隊 (2) 木造長屋とタワーマンション

地下鉄大江戸線が開通してからというものの、駅周辺には続々タワーマンションが建設されまくっている「勝どき」エリア。 表面的には完全に勘違い成金スイーツに占領されたかのような街だが、そう見えても元々はただの倉庫街であり、地味なベイエリアの下町...

>記事全文を読む

NO IMAGE

勝どきドキドキ探検隊 (1) 勝鬨橋を渡れば

築地市場や本願寺などがある築地四丁目交差点から晴海通りを進むと、隅田川に架かる「勝鬨橋」に差し掛かる。 隅田川に架かる数々の橋の中でも勝鬨橋の存在はその形状の珍しさからも特筆すべき橋の一つである。昭和15(1940)年6月に橋が完成した当...

>記事全文を読む

スポンサーリンク
タグクラウドから記事を探す

東京DEEP案内へようこそ

2008年2月からサイトを運営しております。首都圏一都三県の街ネタ情報、裏街徘徊、アレな町並み、特殊地帯、その他諸々テーマを問わず幅広く(中途半端に)気の向くまま路上観察を続けております。

知ってました?DEEP案内編集部のnote

ネット上で大っぴらにするのはちょっと憚られる内容の記事は「DEEP案内編集部のnote」で書く事もたまにございます。全て100円からの有料記事となっておりますので興味のある方のみご利用下さい。

トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.