どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

横浜DEEP・都橋商店街 ヨコハマリバーサイド酒場

JR桜木町駅からDEEP飲み屋街「野毛」の一帯を突っ切ると、大岡川沿いにも一際目を引く飲食店街が現れる。「都橋商店街」だ。

大岡川に沿って大蛇のように横たわる奇妙な形状の建物が印象的。一階は一部居酒屋がスナックがある傍ら普通の商店も混ざっているが、二階部分は揃いも揃ってスナックかバーである。緩い曲線を描いた建物と道路の姿がとても美しい。



一体どこまで続いているんだ、といわんばかりの細長い商店街。ほとんどシャッターを閉めた店が多いのは時間帯のせいだろうか。だが時折見かける商店は古びた靴屋だったり、個性的でなかなか味わい深い。
13-176.jpg
日が落ちると野毛の居酒屋密集地と同様、二階部分のスナック群に煌々と明かりが照らされる。他の飲み屋街にはない独特の雰囲気が味わえる場所だ。
13-177.jpg
元闇市だった野毛や福富町に隣接している土地柄なのか、この都橋商店街の成り立ちも1964(昭和39)年の東京五輪開催時にバラック建てのリバーサイド屋台だったものを立ち退かせて作られたものだという。

で、建物の端っこに2階へと続く階段があるのだ。
そこには「飲食街」と書かれている。誘われたように階段を上った。
13-180.jpg
大岡川に面して細く長い廊下に沿って延々とこじんまりとしたスナックや居酒屋が並ぶ、一見奇妙な粋な風景。まさにリバーサイド酒場とも呼べる佇まいを見せる。
13-181.jpg
まるで中央線系のソレを思わせるようにベタベタと貼り付けられたポスター群。ここいらは東京で言えば高円寺のガード下や新宿ゴールデン街のそれと同じような位置付けにあるのかも知れない。
13-178.jpg
「抱きつきスリに気をつけて」
これもまあ、場所柄なんだろうか…

ここからすぐ目と鼻の先、桜木町から根岸線の線路を挟んだ向こう側には、どんどん開発され綺麗になっていく「よそ行き」な横浜の町が見える。
さらに横浜駅周辺や東横線沿線、田園都市線、港北ニュータウンと、北側ばかりがベッドタウン化して発展していくばかりの横浜市だが、対する南側は忘れ去られる一方。
13-182.jpg
みなとみらい、ランドマークタワーがそびえる新しい「ヨコハマ」を目の前に、オールドヨコハマであるこの界隈はいつまでも時を止めたまま、昭和のままの横浜の風情を今に残すのだ。
13-179.jpg
いやあ、いいもの見させてもらって有難うございました(笑)


>福富町へ

The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.