どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

埼玉の植民地・池袋駅構内の貧乏臭い風景

山の手三大副都心の一つに数えられる「池袋」の駅を降りて周囲を眺めてみると渋谷や新宿と明らかに違う雰囲気がある。それは得も言われぬ田舎臭さ、貧乏臭さ。そもそも東京自体が地方出身者の集まりだという話をするとキリがないがそうではない。隠し切れない、もしくは隠そうともしない「田舎臭さ」に包まれた街が池袋なのだ。

池袋駅は人種のるつぼ。とりわけ西武池袋線や東武東上線で直結している板橋練馬及び埼玉の田舎から流れ出てくる田舎臭さと貧乏臭さに満ち溢れている。おまけに埼京線や湘南新宿ライン、さらには有楽町線や副都心線経由で埼玉直結となったものだから、完全に池袋は「埼玉の植民地」となってしまった。いまやサンシャイン通りを闊歩している田舎臭い学生やジャージ姿のヤンキー、バカップルの大半が埼玉県民であろう。
そんな田舎臭さと貧乏臭さが詰まった駅構内を今一度じっくり歩き回る事にしよう。



東武百貨店池袋店の地下あたりに行くと、待ち合わせの人々や買い物客などに混じってホームレスのオッサンが座り込んでいる姿が多数見られる。

大勢の人が行き交う通路上にもどっしりホームレスが居座っているのだ。ここではオッサンばかりじゃなくてオバサンホームレスも多い。特に雨が降ったり悪天候時になると地上にいるホームレス達が一斉に地下に避難してくるのだ。

東武の地下通路を歩いていくと旅行代理店や薬局など店舗が並ぶその先にもホームレスゾーンがある。それにしても東武百貨店あたりの地下は広大な池袋駅構内の地下街の中で最も垢抜けない一画だ。どうしても大阪梅田の阪神百貨店あたりの地下と存在が被る。

ガラス戸を開けた先の通路にホームレスの爺さんが陣取っていた。彼らは臆病な小動物の如く、雨が降れば地下へ逃げ込み、警備員に追い出されれば街を宛もなく徘徊し続ける。

そしてその先の階段の踊り場にも何人ものホームレスが座り込んでいた。東武百貨店地下から上がった西口あたりは非常にホームレスの数が多い。池袋西口公園は早朝に手配師が現れ、ホームレス達を連れて地方の工事現場で働かせている。池袋は第二の山谷と呼べる街なのである。

続いて駅の地下道を反対側まで歩いて西武池袋線池袋駅へ。ここにも大勢のホームレスが一般市民に紛れて逞しく生きている。なぜか文明の利器「ニンテンドーDS」を手にしたハイテクホームレスがいる。拾い物なのか、それとも頑張って買ったのか知らんが充電はどこでやってんだ?持て余す暇を解決する手段を手に入れたらホームレスライフも怖いものなしである。

さらに西武の地下改札から中に入っていくと左手に何だか焼きそばのソースの匂いがプンコラ漂う貧乏臭さ全開のフードコート「スナックイン」が姿を現す。やはり客層がみんな労働者風だ。

そもそもこういう貧乏臭いフードコート自体が昭和の遺物で、どんどん駅構内から駆逐されていくものだが、ここスナックインは随分と息が長い。通勤の行き帰りの間際に一心不乱に蕎麦を掻きこむオジサンオバサンだらけ。

スナックインで取り扱っているメニューは意外にも多彩である。うどんや蕎麦に限らずカレーライス、ラーメン、焼きそば、カツ丼、牛丼と高カロリー食のオンパレード。もちろん貧乏人にも安心の価格設定で500円以内で満腹になれる事請け合い。

食券制となっていて事前に券売機で買う事になるのだが、メニューの写真を見る限り全然旨そうではない。しかし駅構内に漂うソースの匂いが貧乏のDNAを引きずる我々取材班の食欲をいたずらにそそる。

結局誘惑に負けてソース焼きそばとミニカレーのセットを買ってしまった。焼きそばも作りおきされたものを冴えないおじさんが無表情で面倒臭そうにトングで掬い上げるだけというお粗末なものでお味の程もチープ極まりない。しかしまた食べたくなる不思議。中毒物質でも入ってるのか?

そういえばもう一箇所忘れてはならないのがいけふくろう像の真ん前にある「グランドキッチン池袋」。以前は「みかど」という店名がついていたが、ちょっと洒落たデザインの看板を付けてイメチェンを図っている…が、中の客層は全然変わってない。

そしてやはりここも見るだけでゲップしそうな程の高カロリー食だらけ。こっちの方が西武池袋駅スナックインよりは種類が豊富で、店の中も若干広めに作られている。
池袋駅にはかつて「すなっくらんど」なる貧乏臭いフードコートがあって長らく池袋利用者に愛されてきた。すなっくらんどは1997年に閉鎖されて消滅したが、池袋名物となっている貧乏フードコートの系譜はスナックインやグランドキッチン池袋といった店舗に引き継がれている。
これも大阪梅田の阪神百貨店あたりと存在が被る。阪神百貨店の地下にある「スナックパーク」と瓜二つなのである。無論あちらはコナモンの聖地と化しているのだが。
しかしこういうノリの店が未だに表立った場所に存在し続ける事自体が池袋クオリティを象徴しているかのようだ。

ホームレス大図鑑
ホームレス大図鑑

posted with amazlet at 12.02.02
村田 らむ
竹書房
売り上げランキング: 373641
ニンテンドーDS Lite メタリック ロゼ
任天堂 (2007-06-23)
売り上げランキング: 1463
The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.