【熊谷市】連続放火!中国人が不法耕作!埼玉一激ヤバな団地「県営熊谷玉井団地」がひどすぎる

東京から高崎線直通湘南新宿ラインで片道1時間以上も掛かる、埼玉県熊谷市に属する「籠原」という街にやってきた。同じ電車が走る東京都内や神奈川県湘南地域の人間からすると「籠原行き」の行先表示を見てもそこに何があるかさっぱり分からない謎の辺境地帯にしか過ぎないのだろうが、そんな街からも抜け目なくネタをほじくり出してくるのが我々の仕事なのである。

今回この土地にやってきたのは、とある公営団地を見物するためである。それは恐らく我々が知る中で埼玉一、いや関東一ではなかろうかと思う程に荒れ果てた団地であった。その名は「県営熊谷玉井団地」。JR籠原駅から東に1.5キロ、埼玉県熊谷市久保島に所在する埼玉県住宅供給公社が管理する団地であるが、同じ埼玉にある東宮下団地などと同じように中国人住民が急増していて、団地周辺の土地が不法耕作されていたり、不審火が相次いでいたり色々と酷いのである。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.