どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

新小岩ルミエール商店街の先にあった戦後の赤線地帯!松島三丁目「丸健カフェー街」を見る 

葛飾区 新小岩

ルミエール商店街正面の一角はマンションに建て替わってしまった訳だが、丸健カフェー街の痕跡はそこだけに留まらない。今度はルミエール商店街のアーケードを出てすぐ右に入った所の狭くて怪しい路地を見る事にする。こっち側も赤線跡の範囲に入っているというのだ確かに独特の陰気臭い空気が漂っている。

葛飾区 新小岩

そして路地の至る所に見られる小さなスナックの店舗の数々。プンプン匂いますねこりゃ…と思って野良猫の如く狭い道を進んでいくとですね…

葛飾区 新小岩

おお、何やら尋常ならぬ一角が現れてきましたよ。特に「スナック夕子」の建物は赤線跡のスナックです的条件が役満状態。ここも赤線跡探索マニアには垂涎の地になっとりますなあ。

葛飾区 新小岩

問題なのはその「スナック夕子」の先から奥にズルズルと糞狭い路地が続いているのである。ここいらは強烈に赤線跡特有の淫靡な残り香が漂っていて、あまりにジメジメして足元雑草だらけでスナックのママも普段のお手入れが大変そうですね。

葛飾区 新小岩

玉の井に右に倣えの赤線地帯特有の入り組んだ路地。戦後のドサクサで勝手に家が建てられて区画がぐちゃぐちゃになっている上、赤線という土地柄、もし警察の取り締まりがあった時に、ややこしい路地で追っ手の警官を撹乱させる目的もあったとか。

葛飾区 新小岩

その路地の一見すると突き当たりの壁「紫苑」というこれまた淫靡な趣きの屋号を持つスナックが一軒残っている。場末の飲食街という場所柄に合わないアメリカン・エキスプレスカードの看板が掛かっている所に奇妙な印象を受ける。

葛飾区 新小岩

実はその先は行き止まりではなかったのだ。人ひとり通れるだけの路地がさらに隠されていた。まさに「ぬけられます」の世界。旧赤線地帯の風情が今に生きているかのようだ。

葛飾区 新小岩

「紫苑」の玄関口はそんなぬけられます的細道を回り込んだ横手にもあった。その隣には住所と同じ屋号の「松島3丁目」。ここもまた遠目に見ると単なるどん詰まりの路地に見えてしまう。警察に追っかけられた時の為に考えて作ったんでしょうな。

葛飾区 新小岩

こういう狭苦しい場所を猫は非常に好む。餌付けされているしすっかり飼い猫同然の扱いだろう。その昔は酌婦の天下だった盛り場も今となっては場末も場末。猫様の天下かニャー。

葛飾区 新小岩

ちなみにこちらの路地の建物のうち「スナック夕子」とその奥の建物は2015年中に解体されたと赤線探訪をしていたどなたかの情報で知りました。そうやってじわじわ消えていく定めの風景なんです。しかし野良猫率高いなこのへん…

葛飾区 新小岩

「スナック紫苑」のある細い路地を出て、ルミエール商店街に近い裏側の道へ出る。適度にくたびれた下町風景が続いているだけだが…住宅街の真ん中に一軒だけ妙に凝った作りの和風建築の「青葉旅館」がある。

葛飾区 新小岩

場所柄、やっぱり昔は連れ込み?と疑ってしまう訳だが、あくまで表の看板には「ビジネス旅館」とある。しかも、すんごい古めかしい字体でそう書いてあるのだ。外国人観光客の予約でビジホで泊まれず東京で宿探しに困った方はこういうお宿に来られてはどうでしょうか。


The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.