どうぞ、お好きなSNSで拡散して下さい

【そこらへんの草】新型コロナウイルス禍で浮き彫りになった「埼玉県の医療事情」のダメっぷり【自宅待機死】

もはや長期戦の覚悟を強いられている「新型コロナウイルス」の日本国内における感染動向。その治療の最前線にいる全国の医療従事者が既に疲弊しだしている。この非常時にも社会インフラを支えるべく感染リスクを承知で外に出て働いておられる方々に今一度敬服の意を示すと共に、この出口の見えないコロナウイルスとの戦いの最中、当方はただひたすらこの国に生きる人々に、それなりに読み応えのある読み物を提供し続けるのが唯一の役割であると考えている。それが一服の清涼剤となるか、笑いを伴う皮肉となるか、シリアスな現実を知るきっかけとなるか…

今回は首都・東京に隣接し、大勢の人間が通勤通学のために満員電車に揺られて、夜は寝に帰るだけになっている巨大なベッドタウン地帯「埼玉県」のコロナ事情である。東京で働き、東京に用があるだけなのに、家賃が安いからとつい上京民が飛びついて住んでしまう、“コスパで選べば一択”の埼玉県。

—-レポートの全文は「note」でお読み頂けます(有料配信です—-

The following two tabs change content below.
東京DEEP案内の管理人です。2008年の開設以来、首都圏一都三県の街歩き情報を淡々と記録し続けております。いわゆる日陰者的物件、観光地にもならない場所、ちょっとアレな地域を見物・考察する事を趣味としております。2017年6月15日、単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を発売。
トップへ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.