北区

赤羽、東十条、王子、上中里、田端、尾久、十条、北赤羽、浮間舟渡、西ヶ原、王子神谷、志茂、赤羽岩淵など、「東京都北区」に関係する街ネタ記事の一覧です。北区自体がどのような街なのかを詳しく知りたい場合は以下の記事をお読み下さい。

北区ってどんなとこ?

北区

【ひろゆきの原風景】東京最強クラスの昭和レトロ激渋空間「桐ヶ丘中央商店街」を見る【団地の商店街】

桐ケ丘団地は戦前にあった東京陸軍補給廠(赤羽火薬庫)の跡地を大規模に開発して作られた都区内最大級の団地だが、その大半が低所得者層向けの都営住宅となっている。特に当方が個人的に考えている「この広い東京で一番レトロで激渋な団地の商店街」というも...
北区

【埼京線の穴場】板橋・北区民のオアシス・浮間公園がある街「浮間舟渡」をあなたは知っているか

埼玉県の大宮と東京の池袋・新宿、さらに渋谷や大崎方面を繋ぐ「JR埼京線」も昭和60(1985)年の開業から既に30年以上が経過し、沿線の街の人口も急増して特に武蔵浦和駅あたりなどタワマン乱立地帯になっているわけですが、一方で各停電車しか止ま...
北区

JR都区内駅乗降客数ワースト3位!鉄ヲタは知っていても存在感皆無の激寂れ駅!「尾久駅」には何があるのか

人口1360万人が暮らす東京都には沢山の鉄道駅があり、多くの人々が行き交う…という普遍的な大都会のイメージがつい持たれがちなのだが、そのイメージがさっぱり通用しない「あり得ないくらい人が居ない駅」というのも23区内には幾つもある。全ての鉄道...
北区

隅田川に囲まれた隔離地帯にそびえる超マンモス高層住宅群…「豊島五丁目団地」がヤバい

東京の北の外れの下町エリア「北区」。ここには赤羽や王子や田端といったパンチの効いたガチな下町が勢揃いしているのだが、そのまた外れの鉄道不毛地帯に信じられないくらい巨大な団地が存在している。「豊島五丁目団地」である。
北区

無残!王子駅前「さくら新道」炎上

JR王子駅前の飛鳥山の麓に戦後すぐの頃に建設された呑み屋横丁「さくら新道」があり、駅前至近距離ながらも昭和の佇まいを残すとともに、毎年梅雨時には紫陽花の花見どころとなり情緒豊かな風景を見せる場所だった。
北区

埼京線「十条」界隈 (5) 朝鮮学校へ続く道

十条の街は今でこそ東京の辺縁部にあるごくフツーの下町といった印象だが、戦前までは旧陸軍造兵廠があり、軍都としての色彩が強い土地だった。それは戦後に解体されたのち、自衛隊駐屯地や大学キャンパスやら公園やらになったのだが、今でも地図を広げると十...
北区

埼京線「十条」界隈 (4) 演芸場通り商店街

普段から買い物客でごった返す東京有数の庶民派商店街「十条銀座」のアーケードを途中で折れて埼京線の線路を跨いだ先にも商店街が続いている。 アーケードは埼京線の線路の手前で途切れて、その先の道も人の往来が激しい。十条中央商店街というのが続いて...
北区

埼京線「十条」界隈 (3) 駅前の線路沿い

駅前が狭苦しい事では都内トップクラスの印象を持つ埼京線十条駅前を引き続きぶらぶら歩いてみる。 今度は十条銀座とは真逆の改札口を出てきた。都内のJRの駅なんてみんな立派なもんだと思っていたら十条と隣の板橋に限ってはそうではない。東武東上線あ...
北区

埼京線「十条」界隈 (2) 都内最狭の駅前風景

埼京線に乗ってかなり久しぶりの十条を訪れる。先日は十条銀座界隈をぶらぶら歩くだけで終わったが、清野とおる氏の漫画を読んだりしていたら妙に行きたくなったのだ。そこはまさしく東京と埼玉の狭間、都会と田舎の分水嶺として絶妙なバランスの下町風景が展...
東京都

山手線マイナーゾーン「駒込」 さつき通り商店街

山手線の北側は、新宿や渋谷などに慣れた人間の目から見ると「これが山手線の駅前か?」と思えるくらいの場末の下町臭い超マイナーゾーンが広がっている訳だが、駒込駅の山手線ホームから街の景色を見ると、のっけから猥雑な風情全開で笑えてしまう。 特に...
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました